GfKによる最新のUKチャート(2015年11月15日~11月21日週)が発表され、『Star Wars Battlefront』が過去にゲーム化された『スター・ウォーズ』シリーズを上回る初動を見せ、初登場首位を飾った事が明らかになりました。

SWシリーズ最大のローンチとなった『Star Wars Battlefront』は、以前の最高初動だった『Star Wars: The Force Unleashed』を117%上回る立ち上がり。木曜発売ながら、2015年発売タイトルの中で4位に付ける好成績となりました。また、直接的な続編を除いたPS4タイトルとしては最も勢いがあり、『Destiny』を上回る販売成績を記録しているとのこと。

2位は『Call of Duty: Black Ops III』。5割ダウンと大きく下げてはいるものの、前週1位だった『Fallout 4』(今週は3位)を上回る販売成績。4位『FIFA 16』は14%プラスと、クリスマスへ向けて数字を伸ばしています。5位は減少率を37%にとどめた『Rise of the Tomb Raider』が入りました。

任天堂関連タイトルの動向:『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』や『マリオテニス ウルトラスマッシュ』はトップ40入りならず

今週の任天堂関連タイトルトップは『マリオカート8』。前週30位から21位へ順位を上げています。23位の『スプラトゥーン』も37位からジャンプ。以下、『スーパーマリオメーカー』が27位(前週:32位)、『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』は28位(前週:29位)でした。また、『トモダチコレクション 新生活』がトップ40内に復帰。37位に入るなど、定番タイトルは上昇傾向。

一方で、ホリデー商戦向けの新作である『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』や『マリオテニス ウルトラスマッシュ』は、共に20日に発売されていますが、いずれもトップ40入りを逃す結果となりました。Wii Uチャートを見ると『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』が4位、『マリオテニス ウルトラスマッシュ』が7位と静かな出足。

UKチャート トップ20: 2015.11.15~11.21

  1. STAR WARS BATTLEFRONT – ELECTRONIC ARTS
  2. CALL OF DUTY: BLACK OPS III – ACTIVISION (-50%)
  3. FALLOUT 4 – BETHESDA SOFTWORKS (-80%)
  4. FIFA 16 – ELECTRONIC ARTS (+14%)
  5. RISE OF THE TOMB RAIDER – SQUARE ENIX (-37%)
  6. LEGO DIMENSIONS – WARNER BROS. INTERACTIVE (+0%)
  7. ASSASSIN’S CREED: SYNDICATE – UBISOFT (+7%)
  8. MINECRAFT: STORY MODE – TELLTALE GAMES (-32%)
  9. WWE 2K16 – TAKE 2 (-4%)
  10. NEED FOR SPEED – ELECTRONIC ARTS (-39%)
  11. HALO 5: GUARDIANS – MICROSOFT
  12. GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  13. MINECRAFT: XBOX EDITION – MICROSOFT
  14. LEGO JURASSIC WORLD – WARNER BROS. INTERACTIVE
  15. FOOTBALL MANAGER 2016 – SEGA
  16. SKYLANDERS SUPERCHARGERS – ACTIVISION
  17. GUITAR HERO LIVE – ACTIVISION
  18. MINECRAFT: PLAYSTATION EDITION – SONY COMPUTER ENT.
  19. DISNEY INFINITY 3.0 – DISNEY INTERACTIVE
  20. FORZA MOTORSPORT 6 – MICROSOFT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で