メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年11月9日~11月15日)が発表され、前週から引き続き、PS4版『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』が首位を獲得したことが明らかになりました。PS4の同一タイトルが2週連続で週間チャートトップになったのは、ハード発売以来初めてのことです。

PS4版『CoD: BO3』は4.3万本を販売。発売4機種の2週目時点での累計販売本数は22.2万本となり、前作『AW』の20.9万本(字幕版、吹き替え版合計)を上回りました。PS3版は9位に後退して1.1万本でした。

2位の『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』は4.0万を販売。セガ×バンダイナムコ×セガのクロスオーバーが再び実現した新作は、前作の初動8.5万本から半減以下と大きく数字を落とす結果となりました。

3位は『Assassin’s Creed』新作『アサシン クリード シンジケート』のPS4版が3.2万本を販売。こちらも前作の評価が影響して買い控えが出たのか、前作『ユニティ』の3.6万本から若干数字を落とす結果となっています。

4位『Splatoon(スプラトゥーン)』は本体同梱セットの発売効果で回復し2.1万本。5位は『 ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2』の1.9万本でした。新生NFC『ニード・フォー・スピード』は6位で1.8万本を販売しています。

ソフト総販売本数は42.0万本。複数新作が登場したものの、いずれも5万本以下と小規模で『CoD: BO3』の減少分を補うことはできず前週比73.3%でした。

昨年の秋商戦を牽引した3DSソフトの代替が出てきておらず、今年は11月半ばのこの時期にまだ年間累計3000万本に届いていません。

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

2位: PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD(限定版含む)
4.0万本
4位: Splatoon (スプラトゥーン)(同梱版含む)
2.1万本 ← 1.3万本/累計78.4万本
5位: ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2(同梱版含む)
1.9万本 ← 7.3万本/累計9.3万本
7位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
1.5万本 ← 1.9万本/累計172.9万本
8位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
1.2万本 ← 1.5万本/累計37.8万本
11位: ゼルダの伝説 トライフォース3銃士
0.7万本 ← 1.2万本/累計9.4万本
13位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
0.5万本 ← 0.8万本/累計112.0万本
14位: プロ野球 ファミスタ リターンズ
0.4万本 ← 0.4万本/累計5.1万本
15位: ポケモン超不思議のダンジョン
0.3万本 ← 0.4万本/累計25.7万本
16位: カタチ新発見! 立体ピクロス2
0.3万本 ← 0.4万本/累計7.2万本
20位: プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNO.1!
0.2万本 ← 0.4万本/累計4.7万本

スプラトゥーン同梱セット効果でWii Uが売り上げ伸ばす

ハード総販売台数は8.8万台。PS4(3.3万台→2.7万台)/3DS(3.0万台→2.8万台)の同梱版効果が薄れた分を、『スプラトゥーン』同梱セットが発売されたWii U(0.9万台→1.7万台)が補って前週比98.3%でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で