GfKによる最新のUKチャート(2015年11月8日~11月14日週)が発表され、ベセスダから世界1200万本突破が発表された『Fallout 4』が初登場首位を獲得したことが明らかになりました。

ベセスダタイトルとしては『The Elder Scrolls Online』に続いて今年2作目の首位登場となった『Fallout 4』。2010年に発売されたシリーズの前作『Fallout: New Vegas』を213%上回り、フランチャイズの記録を更新する初動販売数を見せたほか、2015年発売ソフトとしては『FIFA 16』や『Call of Duty: Black Ops III』に次ぐ第3位の販売規模でのデビューとなりました。

『Fallout 4』に1位の座を譲った『CoD: BO3』は2位に。『FIFA 16』もまた1ランク下げて3位でした。ただし販売本数自体はXbox One本体同梱効果により前週比プラス10%を記録しています。特定プラットフォームが一定期間先行する、いわゆる時限独占で発売されたリブート第2作目『Rise of the Tomb Raider』は4位に登場。販売割合はXbox Oneが85%、360が15%となっており、このところのマルチプラットフォームがそうであるように、ゲーマーの移行はかなり進んでいるようです。

『Minecraft: Story Mode』は6%増で5位に浮上。3週目ですが、ローンチ週から数字を落とすことなく数字を伸ばし続けているとのこと。『Need for Speed』は6位にダウン、7位には『Football Manager 2016』がデビューしました。その下8位は小売プロモーション効果で数字を伸ばした『Lego Dimensions』が続いています。

任天堂関連タイトルの動向

任天堂関連タイトルトップは今週も『マリオカート7』。ただ順位は前週の14位から28位へと大きく下げています。その他『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』『マリオカート8』は29位30位、『スーパーマリオメーカー』は32位、『スプラトゥーン』は変わらず37位でした。

UKチャート トップ20: 2015.11.8~11.14

  1. FALLOUT 4 – BETHESDA SOFTWORKS
  2. CALL OF DUTY: BLACK OPS III – ACTIVISION (-57%)
  3. FIFA 16 – ELECTRONIC ARTS (+10%)
  4. RISE OF THE TOMB RAIDER – SQUARE ENIX
  5. MINECRAFT: STORY MODE – TELLTALE GAMES (+6%)
  6. NEED FOR SPEED – ELECTRONIC ARTS (-62%)
  7. FOOTBALL MANAGER 2016 – SEGA
  8. LEGO DIMENSIONS – WARNER BROS. INTERACTIVE (+49%)
  9. ASSASSIN’S CREED: SYNDICATE – UBISOFT (-39%)
  10. HALO 5: GUARDIANS – MICROSOFT(- 50%)
  11. WWE 2K16 – TAKE 2
  12. GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  13. LEGO JURASSIC WORLD – WARNER BROS. INTERACTIVE
  14. MINECRAFT: XBOX EDITION – MICROSOFT
  15. CALL OF DUTY: GHOSTS – ACTIVISION
  16. GUITAR HERO LIVE – ACTIVISION
  17. DISNEY INFINITY 3.0 – DISNEY INTERACTIVE
  18. MINECRAFT: PLAYSTATION EDITION – SONY COMPUTER ENT.
  19. GEARS OF WAR: ULTIMATE EDITION – MICROSOFT
  20. SKYLANDERS SUPERCHARGERS – ACTIVISION

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で