欧米の任天堂は現地時間12日に放送した Nintendo Direct の中で、 スクウェア・エニックスの3DS版『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(Dragon Quest VII: Fragments of the Forgotten Past)』および『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(Dragon Quest VIII: Journey of the Cursed King)』を2016年に発売すると発表しました。

『8』はPS2でグローバル展開されていますが、『7』はPS時代にヨーロッパで発売されておらず、今回初めて欧州上陸を果たします。

早くから海外人気が出た『FF』とは異なり、日本での人気の割に今ひとつブレイクしきれない『ドラクエ』。シリーズを海外でももっとプッシュしていきたいと考えているスクエニと、ソフトラインナップを充実させたい任天堂の思惑が一致したのか、ナンバリング2タイトルの海外展開が同時に発表されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で