メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年10月26日~11月1日週)が発表され、バンダイナムコのハンティングアクション、『ゴッドイーター リザレクション』のPS Vita版が初登場1位を獲得したことが明らかになりました。

『GER』はVita版が12.5万本、2位のPS4版が2.5万本を販売。6位に入ったクロスプレイパックの1.6万本と合わせ、3バージョン計16.7万本を販売しています。『GE』シリーズとしては初動が小さくなりましたが、第1作目の完全版『ゴッドイーター バースト』(2010年10月28日発売)をさらにリメイクしたタイトルであることを考えると、完全新作ではない中で健闘していると言えるかもしれません。

GOD EATER RESURRECTION
メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
開発: シフト
ジャンル: ドラマティック討伐アクション
発売日: 2015-10-29
プレイ人数: 1人(通信プレイ時:2〜4人)
対応: PS4/PS Vita

3位は日本一ソフトウェアの『夜廻』が2.2万本。任天堂プラットフォームが上位を独占した前週とは打って変わって今週はPSプラットフォームの新作がトップ3を占めました。

前週1位の『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』は4位へ後退。販売本数は1.9万本で累計7.3万本。5位は『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊』で同じく1.9万本でした。その差は僅かに144本。

その他新作では『NBA 2K16』がPS4版が0.8万本で9位、PS3版(0.5万本)が16位で登場。Xbox Oneの『Halo 5: Guardians』は0.7万本で11位でした。

ソフト総販売本数は48.1万本。16万本以上の販売規模となった『GER』効果により、前週比132.9%とプラスに転じています。とはいえ市場は4週連続で50万本割れ、8週連続で70万本割れと、なかなか山を作れずにいます。

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

4位: ゼルダの伝説 トライフォース3銃士
1.9万本 ← 5.4万本/累計7.3万本
5位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
1.9万本 ← 2.0万本/累計169.4万本
7位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
1.3万本 ← 1.5万本/累計35.0万本
8位: Splatoon(スプラトゥーン)
1.1万本 ← 1.3万本/累計74.9万本
10位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
0.7万本 ← 0.8万本/累計110.6万本
13位: プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNO.1!
0.6万本 ← 3.4万本/累計4.0万本
14位: セブンスドラゴンIII code:VFD
0.6万本 ← 1.3万本/累計9.2万本
15位: カタチ新発見! 立体ピクロス2
0.6万本 ← 0.5万本/累計6.4万本
18位: ポケモン超不思議のダンジョン
0.4万本 ← 0.6万本/累計24.8万本
20位: プロ野球 ファミスタ リターンズ
0.4万本 ← 0.5万本/累計4.2万本

ハード総販売台数は前週比99.8%と微減の7.0万台。PS4が2.2万台で安定したほか、『GER』で少し伸ばしたPS Vitaが1.4万台を販売。3DSは2.1万台、Wii Uは0.9万台でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で