メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年10月19日~10月25日週)が発表され、『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』が初登場1位を獲得したことが明らかになりました。

マルチプレイを主体とするスピンオフ作品として発売されたシリーズ最新作は5.4万本を販売。本編と比較するとやはり数字を落とす結果となりました。2位は『プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNO.1!』が3.4万本。3位は『妖怪ウォッチバスターズ』で、3DSタイトルがトップ3を占めています。今週はまた、4位以下も7位まで任天堂プラットフォーム向けのタイトルで占めました。

ソフト総販売本数は36.2万本。新作の販売規模が大きくなかった事に加えて、旧作の落ち込みにより7月第1週以来の30万本台に落ち込んでいます。

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

1位: ゼルダの伝説 トライフォース3銃士
5.4万本
2位: プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNO.1!
3.4万本
3位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
2.0万本 ← 2.6万本/累計167.4万本
4位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
1.5万本 ← 2.1万本/累計33.7万本
5位: セブンスドラゴンIII code:VFD
1.3万本 ← 7.2万本/累計8.5万本
6位: Splatoon(スプラトゥーン)
1.3万本 ← 1.4万本/累計73.7万本
7位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
0.8万本 ← 1.2万本/累計109.8万本
10位: ポケモン超不思議のダンジョン
0.6万本 ← 0.9万本/累計24.3万本
11位: カタチ新発見! 立体ピクロス2
0.5万本 ← 0.7万本/累計5.8万本
12位: プロ野球 ファミスタ リターンズ
0.5万本 ← 0.6万本/累計3.8万本
17位: ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
0.4万本 ← 0.5万本/累計80.1万本
19位: なげなわアクション!ぐるぐる!ちびロボ!(同梱版含む)
0.3万本 ← 0.7万本/累計2.5万本

ハード販売台数は7.0万台。昨年は3DSに『スマブラ3DS』や『モンハン4G』があり、またハードもNew3DS/New3DS LLが発売されたことで10月から年末商戦のような盛り上がりとなっていましたが、今年はまだ本番前の静けさといったところ。ただ今年は有力タイトルが少なく、その本番の盛り上がりも不安視されていますが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で