メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年10月12日~10月18日週)が発表され、セガのファンタジーRPG『セブンスドラゴン』シリーズ最新作の『セブンスドラゴンIII code:VFD』が7.2万本を販売して初登場首位を獲得したことが明らかになりました。

第1作目以来に任天堂プラットフォームで発売された最新作ですが、PSPで発売された前作『2020-II』とほぼ同規模を維持。順調な滑り出しとなりました。予約本数では前作の3.8万本に対して今作は4.4万本と上回っているそうで、ハードを移した影響を感じさせないファン人気の高さを感じさせます。

先週1位に返り咲いた『妖怪ウォッチバスターズ』は2.6万本で2位。高水準の販売数を維持しています。3バージョン目がDLCで配信される事となり、人気はまだ続きそう。『スーパーマリオメーカー』は2.1万本を販売して3位。累計30万本を突破しています。

4位はコンパイルハートの『激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団』が1.9万本。『Splatoon(スプラトゥーン)』は1.4万本で5位でした。

新作が1位に登場していますが、1万本を超えたのは6位『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』までということもあり、ソフト総販売本数は前週比94.6%の42.0万本。2週続けて50万本を下回る状況となっています。

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

1位: セブンスドラゴンIII code:VFD
7.2万本
2位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
2.6万本 ← 2.8万本/累計165.4万本
3位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
2.1万本 ← 2.4万本/累計32.1万本
5位: Splatoon(スプラトゥーン)
1.4万本 ← 1.3万本/累計72.4万本
6位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
1.2万本 ← 1.2万本/累計109.0万本
8位: ポケモン超不思議のダンジョン
0.9万本 ← 1.1万本/累計22.7万本
14位: カタチ新発見! 立体ピクロス2
0.7万本 ← 1.4万本/累計5.2万本
15位: なげなわアクション!ぐるぐる!ちびロボ!(同梱版含む)
0.7万本 ← 1.4万本/累計2.1万本
16位: プロ野球 ファミスタ リターンズ
0.6万本 ← 2.5万本/累計3.2万本
17位: ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
0.5万本 ← 0.5万本/累計79.6万本
20位: リズム天国 ザ・ベスト+
0.3万本 ← 圏外/累計48.7万本

ハード:4ポイントダウンの7.9万台

ハード総販売台数は7.9万台。前週比96.0%とこちらもやや減少しています。値下げ3週目のPS4は2.5万台。これまでより一段高い水準で推移していきそうな気配でしたが、1TBモデルの発表でこれからどう動いていくのか。3DSは前週より増やして2.4万台、『スーパーマリオメーカー』『スプラトゥーン』と定番に支えられるWii Uは1.1万台でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で