NPDグループから、2015年9月期におけるアメリカビデオゲーム市場のマンスリーレポートが報告されました。『Destiny』や『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』を擁した昨年、『GTA V』が発売された一昨年と比較すると僅かに減少しているとはいえ、市場規模は3年連続で10億ドルを突破。年末へ向けてポジティブな印象を残しました。

ソフト:NBA 2K16 が初登場首位などスポーツジャンルが活況

ソフトウェアチャートでは、Take-Twoから初週で世界400万本突破のアナウンスがあった『NBA 2K16』が初登場首位を獲得。NPDの報告によると、今作はシリーズ史上最高のローンチになりました。

また秋はスポーツゲームの新作が多数発売される季節。トップの『NBA 2K16』や先月発売され今月も2位に入っている『Madden NFL 16』だけでなく、4位『FIFA 16』、9位『NHL 16』と9月は月間チャートトップ10のうち4本がスポーツもの。販売本数の32%、販売金額の39%を占める一大勢力となっています。

ハード市場も動かした『Destiny』や『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が発売された2014年9月と比較すると、相当するAAAタイトルが無かった今年の9月期。しかしながら、過去最高の出足となった『NBA 2K16』や『Madden NFL 16』『MGS V: TPP』『FIFA 16』などにより、ほぼ相殺して減少を3%に抑えています。9月の新作で比較した場合は8%減。

総販売金額は前年同月比3%減の4億6560万ドル。PCソフトを含んだ数字では6%減の4億7210万ドルでした。

なお、ソニーの報告によるとデジタル市場は拡大しており、2015年9月におけるPS Storeの利益は過去最高を記録したとのこと。

2015年9月のUSチャート トップ10

  1. NBA 2K16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  2. Madden NFL 16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  3. メタルギアソリッドV ファントムペイン (PS4, Xbox One, PS3, 360)
  4. FIFA 16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  5. Destiny: The Taken King (Xbox One, PS4, 360, PS3)
  6. スーパーマリオメーカー (Wii U)
  7. Disney Infinity 3.0 (360, Wii U, Xbox One, PS4, PS3)
  8. Mad Max (PS4, Xbox One)
  9. NHL 16 (Xbox One, PS4, 360, PS3)
  10. Minecraft (360, PS3, Xbox One, PS4)

ハード:Destinyの反動減により、前年比3割近く縮小

ハードウェア市場は今月もPS4が牽引。『NBA 2K16』や『Madden NFL 16』『MGS V: TPP』そして『FIFA 16』といった上位タイトルすべてがXbox One版の販売を上回っており、マルチプラットフォームタイトルでも優位に立っています。バンドルセットも好調だったとのこと。

3DSは2015年1-9月の販売が前年と比較して25%増。『スーパーマリオメーカー』が発売されたWii Uは、前月比で110%近い増加を達成しているということです。

ただ前年の『Destiny』からの反動減が大きく、総販売金額は27%減の3億1350万ドルでした。

周辺機器・アクセサリ:Toys to Lifeの貢献などで2割増

周辺機器・アクセサリ市場は唯一の増加。前年同月比で20%増を達成し、6月以来の2億ドル規模に。LEGOも参入してますます活況の「Toys to Life」カテゴリの貢献により、今年の年末はさらなる賑わいを見せそうです。

2015年9月期アメリカゲーム市場規模(2015年8月30日〜10月3日)

  • ハードウェア:3億1350万ドル(▲27%)
  • ソフトウェア:4億6560万ドル(▲3%)
  • ソフトウェア(PC込):4億7210万ドル(▲6%)
  • 周辺機器・アクセサリ:2億3050万ドル(+12%)
  • 市場全体:10億1000万ドル(▲9%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で