DS/3DSで『プチコン』シリーズを展開する、北海道札幌市を拠点とするデベロッパー、スマイルブーム(SmileBoom)が17日、Wii U用ソフト『プチコンBIG(仮)』の開発を発表しました。ニンテンドーeショップで配信されるダウンロードソフトで、発売は2016年春を予定。配信価格は未定。

『プチコンBIG(仮)』では、外付けのUSBキーボード操作によりプログラム入力と合わせて快適なプログラム開発が可能になっているほか、GamePadのみでの操作「Off-TV Play」にも対応。基本的な言語構造は、3DS DLソフト『プチコン3号』との上位互換。そのため、『プチコン3号』で作成されたプログラムを、公開キー経由でWii U版『プチコンBIG(仮)』にダウンロードし、TV画面とGamePadで作品を楽しむこともできるとのこと。自分の作った作品が大画面で実行できるので、家族や友人と一緒に楽しめるゲーム開発も可能に。家ではWii U版、外出先では3DS版でプログラミングを行うといった環境が実現します。

Wii U版『プチコンBIG(仮)』ならではの画面モードと命令も追加が予定。最大800×480ドットの高解像度表示に対応し、素材画像エリアも1024×1024に拡張。WiiリモコンやWii U GamePadを使った、Wii U用の本格的な作品を開発することも出来るように。発売時点で、高性能なゲーム専用のハードウェアを使ったゲームが家庭で手軽に開発できる唯一の環境になるとのこと。

プチコン3号は海外版が配信開始

17日の発表ではこの他、3DS『SmileBASIC』をアメリカ、カナダ、メキシコの3DS eショップで15日より配信を開始したことが発表。内容は国内で配信している『プチコン3号』最新版と同内容。公開キー経由で、国内外の作品を共有し楽しむことができるようになるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で