北米第1回フェスのテーマ「ネコ vs. イヌ」を用いて行われた、欧州の『スプラトゥーン』第6回フェス。日米から1週遅れでの開催となりましたが、2大ペットをテーマに行われたフェスの結果が発表されました。

北米とはまた異なる結果に。

北米開催回では、犬が6割を越える支持を集めていましたが、欧州では猫派も健闘。BSで放送されている岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」の舞台も、ヨーロッパになっている回が多いですもんね。ヨーロッパで猫は、より生活に溶け込んだ身近な存在なのかもしれない。支持が増えたとはいえ、やはり犬の方が優勢。54%の支持を集めてまずはリード。

ただ勝率では猫派が頑張りました。56%と10ポイント以上の差をつけて立場が逆転。犬派は得票率のリードを守ることができず、270ポイントを獲得した猫派が勝利を収めています。

Cat vs. Dog

得票率:46%% – 54%
勝率: 56% – 44%
最終結果: 270 – 230

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で