任天堂は7日、Web版Miiverseのサイトデザインを大きく変更しました。新しくなったデザインでは、トップページにコミュニティのプレイ日記がランダムで1つ大きく表示されるようになったほか、コミュニティだけでなく注目のお絵かきやトピックなども表示。また各ページに広告枠が追加されています。

任天堂はこれまでMiiverseに広告枠を設けておらず、マネタイズ(収益化)には消極的でした。こうしたネットワークサービスを無料で展開しても、ユーザー同士の口コミ等によって1人あたりのソフト購入数が増えるなどして、最終的に収益に寄与すればいいという考え方が確かあったかと思いますが。

しかし、目指すところはあったとしても、任天堂プラットフォームは最近ハード・ソフトともに売上が苦戦しています。さらにMiiverseはWii Uや3DSのみならずPCやスマホなど様々なデバイスに対応。大きくなったソーシャルサービスを完全無料で運営し続けるのはやはり難しかったのか、今回の変更でPC/スマホレイアウトの場合は広告が表示されるように。

なお、広告枠の設置を含む今回のレイアウト変更はWeb版に限ったもので、Wii U版や3DS版に変更は無いとのこと。

Miiverseは今年7月、ゲームに関するコミュニケーションをより楽しんでもらえるサービスになることを目的として大きくリニューアル。ゲームのスクリーンショットを手軽に保存できるアルバム機能や思い出を残しておけるプレイ日記、テーマごとのコミュニティ機能などが追加されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で