メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年9月14日~9月20日週)が発表され、3DS『ポケモン超不思議のダンジョン』が15.1万本を販売し、初登場首位を獲得したことが明らかになりました。

3年ぶりの『ポケダン』シリーズ最新作が首位発進。前作『マグナゲートと∞迷宮』は良くない評価も目立っていましたが、初週販売本数はそんな前作評価をもろともせず前作超えを達成。消化率も前作比で高くなっているようです。

2位は『スーパーマリオメーカー』が5.4万本。先週から1つ順位を下げました。3位は3.6万本と販売本数が安定している『妖怪ウォッチバスターズ』が浮上しています。『ドラクエ8』は2.4万本で4位。4週で75万本を越えるヒットとなっていますが、ドラクエリメイクでこの数字は物足りないか。5位は『ワールドトリガー ボーダレスミッション』が2.3万本で初登場。

先週2位だった『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX』は1.4万本で12位まで下げています。

ソフト総販売本数は61.1万本。先週トップだった『スーパーマリオメーカー』を上回る勢いで『ポケモン超不思議のダンジョン』がデビューしたことや、連休前に1万本規模の小粒ながら新作が複数登場したこと、また旧作の落ち込みが緩やかだったことで前週比112.9%と拡大しました。

今週のマイルストーン

75万本 – ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
150万本 – 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

1位: ポケモン超不思議のダンジョン
15.1万本
2位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
5.4万本 ← 13.8万本/累計19.2万本
3位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
3.6万本 ← 3.9万本/累計152.7万本
4位: ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
2.4万本 ← 4.2万本/累計75.8万本
7位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
1.8万本 ← 2.0万本/累計102.8万本
8位: Splatoon(スプラトゥーン)
1.6万本 ← 1.7万本/累計66.0万本
12位: モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX
1.4万本 ← 5.9万本/累計7.3万本
18位: リズム天国 ザ・ベスト+
0.5万本 ← 0.7万本/累計46.8万本
20位: マリオカート8(同梱版含む)
0.4万本 ← 0.4万本/累計112.6万本

ハード: 新色発売でVitaが増加

一方、ハード販売台数は7.4万台と前週比93.6%に減少。新色発売でPS Vitaは1.9万台と販売規模を戻したものの、値下げの発表でPS4が0.8万台にダウン。Wii Uもやや数字を下げて1.6万台。3DSも新作がトップに来ていながらやや下げて2.6万台でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で