メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年9月7日~9月13日週)が発表され、2Dマリオのコースを作って遊べるWii U『スーパーマリオメーカー』が初登場首位を獲得したことが明らかになりました。

『スーパーマリオ』シリーズ30周年のタイミングで発売された『スーパーマリオメーカー』は13.8万本を販売。購入層はシリーズを長く楽しんでいる社会人が多いとのこと。2位は『モンスターハンター』の派生シリーズ『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX』が5.9万本を販売。2011年にPSPで発売された『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G』をベースに、新要素を追加して3DSで展開する新作。『G』の9.8万本から4割ほど数字を落としています。3位は2週目のPS4版『MGS V: TPP』が4.2万本。4位の『DQ8』は4.2万本、5位『妖怪ウォッチバスターズ』は3.9万本でした。

7位の『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』は今週2.0万本を販売して累計100万本を突破。本編ほどの粘りは厳しそうな推移ですが、ミリオンセラーの仲間入りを果たしています。

ソフト総販売本数は54.1万本。『MGS V』の減少幅が大きく、市場は前週比で66.2%と大きく縮小しています。

今週のマイルストーン

100万本 – どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

1位: スーパーマリオメーカー(同梱版含む)
13.8万本
2位: モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX
5.9万本
4位: ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
4.2万本 ← 10.6万本/累計73.4万本
5位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
3.9万本 ← 4.9万本/累計149.0万本
7位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
2.0万本 ← 3.0万本/累計101.0万本
8位: Splatoon(スプラトゥーン)
1.7万本 ← 1.8万本/累計64.3万本
10位: リズム天国 ザ・ベスト+
0.7万本 ← 0.9万本/累計46.2万本
11位: マリオカート8(同梱版含む)
0.4万本 ← 0.5万本/累計112.2万本
12位: ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
0.2万本 ← 0.2万本/累計269.5万本
13位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
0.2万本 ← 0.3万本/累計404.1万本
14位: ファミコンリミックス ベストチョイス
0.2万本 ← 0.5万本/累計2.1万本
17位: ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
0.1万本 ← 0.2万本/累計41.7万本
19位: モンスターハンター4G (Best Price!)
0.1万本 ← 圏外/累計1.5万本
20位: ヨッシー ウールワールド(同梱版含む)
0.1万本 ← 圏外/累計7.0万本

ハード:マリオメーカー効果でWii Uが倍増

ハード販売台数は7.9万台。『スーパーマリオメーカー』同梱セットの販売効果でWii Uが2.0万台を回復していますが、PS Vitaが新色前の買い控え、PS4の反動減などがあり、前週比で69.7%でした。3DSも再び3万台を割り込んで2.7万台でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で