最近は新作である『YIIK: A Postmodern RPG』の方が注目されているAckkstudiosですが、レトロな見下ろし型のビジュアルも話題となった『Two Brothers』のWii U版『Chromophore: The Two Brothers』の移植作業も大詰めを迎えているようです。PC版が発売されたのは2013年12月。

Wii Uは以前から対応が予定されたプラットフォームで、2014年6月にはリリースされているはずでした。が、2015年10月現在Wii U版はまだ配信されておらず、配信計画に遅れが生じています。

なぜ、ここまで遅れてしまったのか。デベロッパーが Nintendo Life に対して明らかにした情報によれば、PCからWii Uへの移植作業を担当していた開発スタジオとの間で発生したトラブルが原因でした。

Ackkstudiosから移植担当のスタジオへ移植用の資金が支払われていたにもかかわらず、開発が完了しなかったために最終的に契約が破棄。法的な問題にまで発展し、その解決に時間を要しました。Ackkstudiosは、新たなデベロッパーを探すのではなく、新作の『YIIK: A Postmodern RPG』の開発に注力しながら、彼ら自身の手で『Two Brothers』の移植作業も並行して行ってきたということです。

移植を担当していたスタジオは、AckkStudiosから移植に必要な制作資金が支払われていたにも関わらず、形にさせられないまま時間が経過し、契約は最終的に破棄。法的な問題となり、その解決に時間がかかりました。

Wii U版を完成させたいAckkstudiosは、新作の『YIIK: A Postmodern RPG』の開発に注力しながら、新たなデベロッパーを探すのではなく、彼ら自身の手で『Two Brothers』の移植作業を並行して行ってきたということです。

ようやく完成が見えた、Wii U版『Chromophore: The Two Brothers』の新しいローンチウィンドウは今冬(2015年末〜2016年初頭)。彼らの新作『YIIK』と同時期のリリースとなる見込みです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で