『ゼルダの伝説』最新作に続いて『スターフォックス ゼロ』まで延期です。

任天堂は18日、Wii Uでこの年末発売を予定していた『スターフォックス ゼロ』について、さらなる品質向上を理由として発売を「2016年春」へ延期すると発表しました。延期は世界的なものであり、発売日が決定していた海外でも日本と同様に2016年Q1(4-6月)への延期が発表されています。

海外任天堂のFacebook ページで公開された、延期に対する謝罪も含めてその理由を説明する宮本茂氏からのメッセージによれば、完成度としては、ホリデーシーズンに間に合わせることも技術的には可能な段階まで進んではいるとのこと。

しかしながら、テレビとWii U GamePadの2画面を使う新しいゲームプレイスタイルにプレイヤーがよりスムーズに入り込めるよう、またレベルデザインのブラッシュアップやカットシーンの調整など、品質向上のためにもう少し時間をかける必要があると開発チームは判断。製品クオリティを優先して、最大商戦期である年末商戦を外すという大きな決断が下されました。

宮本氏いわく延期が決定したのは先週のことだそうで、ギリギリまで調整が続いていたことがうかがえます。宮本氏は「ちゃぶ台返し」で知られる開発者ですが、任天堂の専務という立場でもあります。『ゼルダ』に続いて『スターフォックス』まで延期する判断はなかなか簡単では無かったののではと推測。メッセージの冒頭にも「重大な決断」とありますけども。

『スターフォックス64』で確立されたシリーズの枠組みを越えたゲームプレイやゲーム体験がもたらされるという最新作。発売された際には、期待通り止まりではなく期待以上の品質に仕上がっていることを期待しています。

『スターフォックス ゼロ・スターフォックス ガード』ダブルパック
メーカー: 任天堂
開発: プラチナゲームズ、任天堂
ジャンル: シューティング
発売日: 2016-04-21
プレイ人数: 1-2人
対応: amiibo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で