メディアクリエイト調べの最新国内チャート(2015年8月31日~9月6日週)が発表され、ナンバリング本編としては2008年の『MGS4』以来7年ぶりとなるステルスアクションシリーズ最新作『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』のPS4版が初登場首位を飾ったことが明らかになりました。

『MGS5』はPS4版が29.3万本、2位のPS3版が11.7万本を販売。トップ20に入らなかったものの、Xbox One版は21位で0.2万本。3機種合計では41.3万本を販売。前作がPS3を牽引したように、待望の最新作はPS4タイトルとして最大初動となるなど活発な動きを見せました。

3位は『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』で10.6万本。オリジナルの評判がそこまで高くない上に、スマホ移植が先に行われていたり、最大の特長である3DグラフィックもPS2からそう差が無いとなると、ドラクエリメイクといえどもなかなか厳しい動き。初動率が高くなりがちなことを考えると、ミリオン突破に黄色信号。

4位は『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊』で4.9万本。ブームが終わったなどと言われながらこの規模を維持。前週よりやや増加して見せました。5位は『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』が3.0万本。累計を98.9万本としており、次週でミリオン突破は確実です。6位『スプラトゥーン』は2万本を割って1.8万本でした。

ソフト総販売本数は81.7万本。『MGS5』という大型タイトルがありましたが、『DQ8』の反動減が大きく前週比82.6%と市場は縮小しています。

TOP 20 内、任天堂プラットフォームタイトル

3位: ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
10.6万本 ← 58.4万本/累計69.1万本
4位: 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
4.9万本 ← 4.8万本/累計145.0万本
5位: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(同梱版含む)
3.0万本 ← 4.8万本/累計98.9万本
6位: Splatoon(スプラトゥーン)
1.8万本 ← 2.3万本/累計62.6万本
7位: リズム天国 ザ・ベスト+
0.9万本 ← 1.3万本/累計45.5万本
10位: マリオカート8(同梱版含む)
0.5万本 ← 0.6万本/累計111.7万本
11位: レゴ ニンジャゴー ローニンの影
0.5万本
12位: ファミコンリミックス ベストチョイス
0.5万本 ← 1.4万本/累計1.8万本
14位: とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)
0.3万本 ← 0.4万本/累計403.5万本
15位: スーパーロボット大戦BX
0.3万本 ← 1.3万本/累計11.4万本
18位: ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
0.2万本 ← 0.3万本/累計269.2万本
19位: ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
0.2万本 ← 0.3万本/累計41.5万本

MGS5同梱版がPS4を牽引

ハード総販売台数は11.4万台。『MGS5』本体同梱版(2.7万台を販売)が発売されたPS4が5.4万台と前週比で3倍近く増加したこともあり(『MGS4』発売時のPS3は7.5万台)、5週ぶりに10万台規模を回復しました。3DSはやや落ち着いて3.4万台、Wii Uはギリギリ5桁の1.0万となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で