日本ではそろそろ定着した感もある、Amazon.co.jpや楽天ブックスを始めとするオンラインストア経由のデジタルコンテンツ購入ですが、アメリカのAmazon.comでも任天堂プラットフォームのデジタルダウンロード販売が9月1日よりスタートしました。Wii U/ニンテンドー3DS/Wiiのデジタルコンテンツを購入できます。

契約がこじれるのか、任天堂ハードの正規取り扱いがしばしば限定的(Amazonの販売は無く、マーケットプレイスのみの取り扱い)になっているAmazon.comに、任天堂プラットフォームのデジタルダウンロードストアが遂にオープン。いずれのプラットフォームもまだラインナップはそれほど多くないものの、『スプラトゥーン』や『スーパーマリオメーカー』などある程度主要タイトルは揃っていて、今後利便性が高まりそうです。

家庭用ゲーム機向けデジタルコンテンツの取り扱いはゲーム小売最大手のGameStopが先行しコンテンツも充実していますが、Amazonも猛追。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で