Nindies@Night、そしてPAX Primeで発表された『amiibo Shovel Knight』。サードパーティタイトルとしては初めての『amiibo』化、しかもインディーデベロッパーがそれを実現したわけですが、任天堂はライセンス供与と監修にとどまり、『Shovel Knight』デベロッパーのYacht Club Gamesが自ら生産や販売を担当するようです。

PAX Prime 2015で行われたDestructoidのインタビューでスタジオのキャプテンSean Velasco氏が語ったところによると、今回の『amiibo Shovel Knight』に関する意思決定(製造や流通、おもちゃ担当者や原型師らとの話し合い、パッケージングにいたるまで)はYacht Club Games自身が担当。任天堂はライセンス供与のほか、デザインや『amiibo』機能を監修する立場であるとのこと。店舗等で他キャラクターと一緒にプロモートも行っていくということです。任天堂アメリカのサイトでは他キャラクターと並んでいる『Shovel Knight』の姿も確認できます。

生産も『Disney Infinity』フィギュアと同じ工場が行なうのだとか。ディズニーフィギュアは出来が良い物が多いので、安心して任せられるでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で