任天堂から31日、Wii U『Splatoon(スプラトゥーン)』について、「Ver. 2.1.0」の配信日とその内容が発表されました。8月6日の大型アップデートで「Ver. 2.0.0」となった『スプラトゥーン』。その際に、一部仕様が「Ver. 1.3.0」から変更されていましたが、それが元通りになるなど、主に不具合修正や調整が行われる更新となります。

Ver. 2.1.0 の主な更新内容

ステージの調整

  • アロワナモール:一部のイカ返しをすり抜けることができないよう、すべてのルールで地形を調整。
  • モンガラキャンプ場:相手の陣地へジャンプで直接渡ることができないよう、ナワバリバトル・ガチエリアルールで地形を調整。

メインウェポンの調整

  • ローラー全般:移動しながらローラーを振り上げる場合の画面の動きが、Ver. 2.0.0で変化してしまっていた問題を、Ver. 1.3.0と同じ動きになるように修正。

サブウェポンの調整

  • スプラッシュシールド:相手のシールドに接触しながらボムを投げた場合、まれにシールドの向こう側にいる相手にダメージを与えてしまうことがある問題を修正。

ガチルールの調整

  • ガチヤグラルールで、両チームのカウントが非常に近いときに、実際にはカウントの差があるにもかかわらず、画面上部に表示されるカウント数が同カウントになってしまうことがある問題を修正。
  • ガチヤグラルールで、同カウントまでヤグラを進めたあと、リードできずに相手にヤグラを奪われた場合のカウントの変化を、Ver. 1.3.0以前と同じになるように修正(※Ver. 2.0.0では「リードしている側のカウントが1減る」ですが、Ver. 1.3.0以前と同じ「リードされている側のカウントが1増える」になります)。

その他

  • 更新データVer. 2.0.0をダウンロード後、「104-2230エラー」が発生する問題を修正。
  • その他、快適に遊べるよう、一部ゲーム内容を修正。

任天堂によると、『スプラトゥーン』は今後も調整及び追加データの配信を継続していく予定。「次のバトルから参加します バトル終了まで 3:00」問題も抜けられるようにしてほしいし、お気に入りギアの登録機能も欲しいし、まだまだ進化してもらいたい。

なお、更新データの配信に伴い、9月2日午前9時50分から11時頃にかけて、サーバーメンテナンスが実施。メンテナンス中はオンラインサービスを利用できなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で