バンダイナムコエンターテインメントは28日、開発中のWii U用オンラインアクションゲーム『Project Treasure(仮称)』について、正式タイトルが『LOST REAVERS(ロスト リーバース)』に決定したことを発表。公式サイトをオープンし、βテストを近日開始予定であることを明らかにしました。

『ロスト リーバース』は、2015年1月14日の「Nintendo Direct 2015.1.14」にて『鉄拳』シリーズプロデューサーの原田勝弘氏から『Project Treasure(仮称)』として発表された、基本プレイ無料で楽しめる、最大4人参加可能な協力プレイが特徴のオンラインアクションゲーム。

ゲームの目的は、この世に潜む未知なる財宝「レリクス」を持ち帰ること。レリクスは古代遺跡から現代的な廃墟に至るまで、様々な場所の奥地に隠されており、辿り着くまでには数多くの障害を乗り越える必要がある。移動ルートによっては、巨大なクリーチャーが待ち受けるエリアに足を踏み入れることも。倒すことができれば、さらなる報酬を獲得することができるとのこと。

ワンボタンで視点を切り替えられる独自の「マルチビューアクションシステム」を搭載しており、得意な武器によって視点を切り替え、より精密な攻撃を繰り出すことができるそうです。

Wii U『LOST REAVERS(ロスト リーバース)』は基本プレイ無料のアイテム課金制。近日βテスト版が配信予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で