任天堂アメリカは20日、日本で大ブームとなった『妖怪ウォッチ』のニンテンドー3DS向けシリーズ第1作目の北米発売日が、2015年11月6日に決定したと発表しました。海外でもいよいよ。

「ニンテンドー3DSはこの楽しくユニークな体験をもたらすのに最適なプラットフォームです」とNoAのセールス&マーケティング担当EVPのScott Moffitt氏はコメント。以前の発表にあったように、海外でもクロスメディア戦略が行われる『妖怪ウォッチ』。日本国内ではレベルファイブからゲームソフトが発売されていますが、海外では任天堂が担当します。

ゲームにタイミングを合わせるように、秋にはディズニーXDやその他ディズニーXD関連プラットフォームでアニメシリーズの放送が開始。また11月3日には小西紀行氏による漫画がビズメディアから出版。ホリデーシーズン、立ち上がりから一気に盛り上げます。

そして2016年1月にハスブロのおもちゃ展開がスタート。おもちゃやゲーム、メダルなど様々な関連トイが、販売地域を広げながら年間を通じてリリースされていく予定です。

リリースによると、日本における『妖怪ウォッチ』のゲーム、音楽、出版を含むマーチャンダイズ売上は2500億円規模となっており、3DSで発売されたビデオゲームシリーズはこれまでに800万本以上を販売しています。

強力なパートナーのバックアップのもと、海外でも日本のような大ヒットとなるのかどうか注目したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で