『スター・ウォーズ』人気は見逃さない。

バンダイナムコエンターテインメントは18日、ディズニー/ピクサー等のキャラクターたちが一堂に会するクロスオーバータイトル『ディズニーインフィニティ』の最新作、『ディズニーインフィニティ 3.0』を11月12日に発売すると発表しました。国内版の対応プラットフォームはPlayStation 4/PlayStation 3/Wii U。『2.0』はひかりTVゲームでのみの提供でしたが、2作ぶりに家庭用ゲーム機向けにリリースされます。

『スター・ウォーズ』世界で冒険アドベンチャー

『3.0』の最大の特長は、スターターパックにも収録される『スター・ウォーズ』世界の追加。スターターパックにはジェダイの騎士「アナキン・スカイウォーカー」「アソーカ・タノ」のフィギュアが付属し、エピソード1〜3の世界観における「クローン・ウォーズ」の少し後の世界を舞台とするオリジナルストーリーが展開。「オビ=ワン・ケノービ」や「ヨーダ」と共に共和国を救い、銀河系に平和をもたらすための冒険を楽しむことができます。映画でおなじみの惑星タトゥイーンやコルサントでの探検、ドロイドやボスとの壮大な戦闘を体験。

また『3.0』の世界を広げる「プレイセット」も合わせて発売。ソフトと同時発売の「スター・ウォーズ/帝国への反撃」」プレイセットを使用する事で、エピソード4〜6の世界、伝説のジェダイ「ルーク・スカイウォーカー」や、反乱軍のリーダー「プリンセス・レイア・オーガナ」、英雄として銀河系にその名を知らしめた密輸業者「ハン・ソロ」とその相棒「チューバッカ」らと協力し、悪の銀河帝国軍と「ダース・ベイダー」を打倒する、アクション満載の冒険アドベンチャーを追加で楽しむことができるようになります。

さらに今後発売予定の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」プレイセット(仮称)では、映画最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界観をゲームで体験することができるとのこと。

トイ・ボックスもさらに進化

プレイヤーの想像力次第で自分だけの世界を創りあげることができる「トイ・ボックス」モードもさらに進化。世界の構築やアクション、コンバット、レース、インテリアといった遊びに加えて、ファーミングが新たに追加。様々なディズニーキャラクターモチーフのアイテムでカスタマイズ可能なキャラクターで農業要素を楽しむことができます。

『インサイド・ヘッド』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のキャラクターも登場

『スター・ウォーズ』に加えて、ピクサー最新作の『インサイド・ヘッド』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のキャラクターたちも登場。また以前に発売された『ディズニーインフィニティ』の対応フィギュアも使用可能です。

また「D23 Expo 2015」ではスクウェア・エニックスの『キングダム ハーツ』とのスペシャルコラボ(キーブレード、ミッキーマウスのKH衣装)も発表されています。日本でも実施されるでしょうか。

フィギュア連動アクション、PS4/PS3/Wii U『ディズニーインフィニティ 3.0』は2015年11月12日に発売予定。「スター・ウォーズ/共和国の終焉 スターター・パック」は7,200円(税抜)。

WiiU ディズニーインフィニティ 3.0 スター・ウォーズ/共和国の終焉 スターター・パック
ディズニーインフィニティ 3.0 スター・ウォーズ/共和国の終焉 スターター・パック
メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
開発: Avalanche Software, Ninja Theory, Studio Gobo, Sumo Digital, United Front Games
ジャンル: フィギュア連動アクション
発売日: 2015-11-12
対応: PS4/PS3/Wii U

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で