レゴ職人で任天堂『ゼルダの伝説』の大ファンだというJoseph Zawardaさんが2年半もの歳月をかけて制作した巨大な“LEGO ハイラル城”が、BrickFair Virginia 2015でお披露目されました。

40のモジュールで構成される“LEGO ハイラル城”は、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』がモチーフ。輸送に乗用車2台を要したという文字通りの大作で、2年半という多くの時間と多くのピースが使われています。制作する上で最も苦労した箇所は、丸みを帯びた形に見えるようにしなければならなかった屋根の部分だそう。

『ゼルダの伝説』テーマの作品は他にも。こちらは『風のタクト』のモザイクアート。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で