調整だからとかでは言い訳出来ないですよね、これは。相手してくれた流経大も、仮想バーレーンに見立ててシステム変更して不慣れな中で戦ってもらっているんだしさ。数千万ものサラリー貰っているんだから負けたら相手の学費納めるくらいの罰ゲームをかけて臨んでもいいんじゃないですか。

岡ちゃんは偏差値も理想もプライドも顔の割りに(失礼)高いのかもしれませんが、自分の理想をトレーニングを通じてどうチームとして選手に落とし込むのか、っていうところが足りていないのではないか。あれ、どこの札幌監督ですかそれ。

素直にショートカウンターやってればいいんではないのかい。他に出来ないんだし・・・。世界的に見れば日本は弱者ですし、カウンターサッカーは弱者の常。こないだのウルグアイのような戦い方こそ、日本が目指す型の一端じゃないのかな。サイド呼ばずに4-2-3-1とかは無茶でしょうよ。

歴代最弱、サテライトの方が強いとまで揶揄され、やればやるほど弱くなってるんじゃないのか?と、期待薄で不安をめいっぱい抱えたまま、代表は敵地バーレーンへと向かったのでした。

福田さんも投げっぱなしのような形で辞められたし、岡ちゃんもどうですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で