AFCより、3次予選時のイエローカードを持ち越す事が通達されたそうです。レッドの持ち越しはよくあることですが、イエローの累積を持ち越すのは異例の事だそう。

これによって大きく影響を受けるのは、3枚でリーチがかかっているMF長谷部、松井、阿部、DF駒野の4人。

長谷部、松井はまだ中核というところまで至っては居ませんが、阿部ちゃんはボランチ、サイドバック、センターバックとこなせる貴重なバックアッパー。特にCB闘莉王が、代表に懸けるその気持ちの熱さとは裏腹に、怪我ですぐ離脱しちゃいますし。

駒野は左右のサイドバックをこなせる選手という事でこれまた貴重。駒野は代表では消極的なプレーが目立っていますが、岡ちゃんになってからのサイドバックは内田、安田、長友と、若手ばかりなので、W杯経験のある駒野の存在は大きいです。加地さんは左SB起用で心が折れたのか代表引退しちゃったし。

前線からの積極的なプレスでボールを奪い、シンプルに相手ゴールへと向かうという、岡田サッカーの真骨頂とも言うべきショートカウンターの新コンセプトで行くのか、「接近、展開、連続」という、今や懐かしさすらある旧コンセプトでいくのか。

いずれにせよ、こないだのウルグアイ戦のような、カウンター対策が不十分なまま試合に臨む事は無いと思われるので、徐々に薄れている「考えながら走る」も思い出しつつ試合に入って欲しいなあと思うのでした。

[追記
本大会グループリーグでは、累積2枚で次戦出場停止になります。決勝トーナメントでは、準々決勝以降はリセットされた状態で始まりますが、もし準々決勝で累積2枚になったりレッドカードを貰ったときは、次の試合が出場停止になるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で