あ、あったんだ。というくらいの代表キャンプ。28日からのトレーニングキャンプメンバーが発表になりました。新メンバーが入ったり、あれ?って思う人が居たり、相変わらずの岡ちゃん選考です。

注目は大分の金崎くん。フットサル経験から高い技術があってアイデアも面白い。いつだっけ、今年は序盤戦で凄いシュート決めてましたね。育成枠なんでしょうが、将来が楽しみな選手の1人です。

■GK:
川口 能活(磐田)
楢崎 正剛(名古屋)
川島 永嗣(川崎)
■DF:
中澤 佑二(横浜FM)
中田 浩二(鹿島)
高木 和道(清水)
田中 マルクス 闘莉王(浦和)
駒野 友一(磐田)
阿部 勇樹(浦和)
■MF:
村井 慎二(磐田)
中村 憲剛(川崎)
鈴木 啓太(浦和)
山瀬 功治(横浜FM)
青木 剛(鹿島)
今野 泰幸(FC東京)
小川 佳純(名古屋)
工藤 浩平(千葉)
柏木 陽介(広島)
金崎 夢生(大分)
■FW:
玉田 圭司(名古屋)
大黒 将志(東京V)
前田 遼一(磐田)
佐藤 寿人(広島)
田中 達也(浦和)

顔見せというか近くで確認したい選手も居るのでしょうが、なんというか、代表の地位だとか名誉みたいなものがもの凄い勢いで崩壊していってませんか。

そのわりには相変わらずコンディションや怪我の回復具合は無視なんていう、J軽視ぶりです。視察した試合以外はリストに眼を通すだけでろくに情報を仕入れていないのではないか?なんていう疑問が。いや前からそんな気はしてましたけど。

コメント見る限り、結果云々よりも「手元で見たかった。」「近くで見たかった。」ばかりなのがとても不安です。

特に最下位千葉から選出された工藤に関しては、
「監督と話をした時に、彼は周りがより高いレベルだったら、良いプレーをするということを言っていた」
だから呼んだ。だそうで。うーん。

高い位置からどんどんプレッシャーをかけてボールを奪って速攻という、岡ちゃんの求める形をより具現化、ブラッシュアップしていくべくためのメンバー。なの?見たいだけならまずJの試合見ればいいのに。と言いたい気持ちが無くはないですが、まあ試合も無いし本選考でもないし、協会の意向や圧力があろうがどうでもいいか。

でも調子落としてる選手を呼び続けてるのはどうなの。クラブでコンディション戻すことに時間を割くべきなのではないの。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で