北京五輪に望むU-23サッカー日本代表メンバー18名が発表になりました。遠藤が辞退したためにオーバーエイジ枠は使わずに大会に臨むようです。

主力と思われていた水野、梅崎、青山らは落選。水野はクラブで出番が芳しくないですから落選は仕方ないにしても、青山はDFながらここぞという時の勝負強さで得点も取れる選手ですし、梅崎は出た試合では縦への積極さを見せていただけに残念です。18人という枠で弾かれる形になってしまいました。

キャプテンを外すわけにはいかないのでしょうが(前回アテネは啓太が外れてボロボロでしたし)、心技体の『心』を大切にした選考で京都水本が選出。えっ?

FWは豊田、李、岡崎、森本の4人。得点を決め好調な鹿島の興梠は選ばれず。平山もカレンも前俊もout。

18人という狭い枠なのでどう選んでも不満は出るのは仕方のない事だと思います。選ばれた選手達は漏れた選手の分も頑張って貰いたいですね。

■GK
山本 海人/清水エスパルス
西川 周作/大分トリニータ
■DF
水本 裕貴/京都サンガF.C.
森重 真人/大分トリニータ
安田 理大/ガンバ大阪
内田 篤人/鹿島アントラーズ
吉田 麻也/名古屋グランパス
長友 佑都/FC東京
■MF
本田 拓也/清水エスパルス
谷口 博之/川崎フロンターレ
梶山 陽平/FC東京
本田 圭佑/VVVヘンロ(オランダ)
細貝 萌/浦和レッズ
香川 真司/セレッソ大阪
■FW
豊田 陽平/モンテディオ山形
李 忠成/柏レイソル
岡崎 慎司/清水エスパルス
森本 貴幸/カターニャ(イタリア)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で