サッカー日本代表の新監督に、かねてより有力候補とされていた元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏が就任することが決定しました。

アギーレ氏は2002年の日韓大会と2010年の南アフリカ大会の2度、メキシコ代表監督を経験。両大会でチームをベスト16に導いています。ただ、メキシコはブラジル大会を含めて6大会連続でベスト16を超えられず、つまりはアギーレ時代もこの壁を突破できませんでした。

アギーレ氏はショートカウンターを得意とする監督だそうで、ザック時代に目指していたボールを保持するポゼッションで相手を崩していくスタイルとは異なります。

ザックジャパンの総括もそこそこに新監督を迎えることになった日本代表が、今後どう変化していくのか興味深いところ。総括はしっかりとしていただきたいところですが。

目指すサッカーのスタイルが変われば、選手選考にも影響が出てきます。ザック時代には合わなかった思わぬ選手が主力となっていくかもしれません。ちょうど世代交代時期でもありますからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で