日本 3−0 オマーン

得点者:
日本/中澤 大久保 中村
オマーン/なし

前回バーレーンに敗れた岡田ジャパンはホームでオマーンと対戦。ここで敗れると岡ちゃんの進退問題、3次予選突破も厳しくなってくるだけに、是が非でも勝ち点3を取りたい、取らなければならない試合となりました。

試合は前半から日本が押せ押せ。玉田と大久保は似たようなタイプのFWですが、動きも被らずに連動してよく動けていたような印象です。暫くはファーストチョイスになりそう。中盤は欧州組の俊輔、松井、長谷部に遠藤という組み合わせ。見るからに攻撃重視な4人ですが、技術が高い選手達ですからしっかりとポゼッションサッカーが出来ていましたね。3点目が後半の早い段階で取れたのもよかったように思います。

守備面でも大きく破綻した場面はほぼ無く(後半ちょっと危ない場面もありましたが・・・)、まあこれは前線から激しくプレッシングし続けた2FWに巧なんでしょう。これによって相手のパス精度が下がり、カウンターを防いでいたという。遠藤の落ち着きは異常とばかりに危険なのに大丈夫な不思議ワールド。落ち着きすぎて判断おせーよと言いたくなる時もありますが、ガチャさんが持つとためが作れるのでよいですね。首の皮一枚つながった岡ちゃんは中盤の組み合わせに悩まされる日々でしょうか。

バーレーンも勝利したために順位は変わりませんが、W杯3大会連続出場中ですし、3次予選で苦戦していられないという気持ちで残り試合全勝で行って欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で