日本 1-0 コートジボワール

得点者:
日本/玉田
スターティングメンバー
GK:楢崎
DF:駒野 中澤 闘莉王 長友
MF:松井 長谷部 今野 遠藤
FW:玉田 大久保
交代選手:
松井→香川
玉田→矢野

ざっくりとしか見ていないのであれですが、前半の30分くらいまでは前線からのプレスも激しくいっていたし、ダイレクトで繋ぐ意識も高く非常に良い内容だったなあと思いました。得点シーンも長谷部が右サイドを駆け上がり、大久保がDFを引き付けて生まれたスペースに上手くクロスボールを配給。そこに走りこんできた玉田がスライディングボレー!というもの。玉田調子いいですねえ。松井を意識しすぎなのか単に好きなのかは僕にはわかりませんが、積極的にオサレプレーを狙ったりもしていましたし、スタが豊田っていうのもあったんでしょうか。

今日の試合は、

  • 少ないタッチでのボール回し
  • 意識的にパススピード↑+精度落とさない
  • 前線からのプレス、最終ラインの押し上げ
  • 攻守の切り替えの速さ

辺りがテーマとして挙げられていたのかな?普通か。

ちょっとパスを回しすぎて打てる場面が打てなくなってしまったのも何度かありましたが、もっとシンプルに繋いでもいいんじゃないかなーと、遠藤経由の時に特に感じます。ガチャさん経由だと速攻も出来ないし。ただ、ガチャピン遠藤さんが居ないと落ち着かないというのもあるので、その辺はどうしていくのか難しいのかなあ。遠藤がPA内に走り込んでいくのは、らしくないというか、求められているのかもしれないけどなんか違和感が。結局、タッチ回数増やして、保持しているように見せかけて打てずに終了してしまう。

前半の後半からは早くもガス欠気味というかで、中1日のコートジボワールに押され圧され。後半もまるでコンサのようでした。たださすが日本トップレベルの選手が揃っているし、国内最高の2CBとGKだけあって、ミスからピンチを招いても落ち着いて対処出来ていたのはさすがでした。比べるなよと怒られそうですが。海外組2人の危機管理能力というか、球際の強さというか、いつ仕掛けるかっていう判断も素晴らしかったですね。ギリギリの勝負をしていると磨かれるもんだなあ。Jはフィジカルコンタクトの際、ファンタジーなジャッジが炸裂しまくるので審判も含めての今後の課題ということなんでしょう。

ともあれ、日本最高レベルの選手たちですら90分走り続けるのは無理なんだということを見ると、札幌が前後半で全く別チームになることにも少しは寛容になれそうです。いやダメか。守りきれるだけの守備力ないし。ま、まあその辺は三浦さんが何とか修正するとしておこう。

 朝日の実況解説は名前覚えてないわ、内容伝えてないわで相変わらずの拙さ。ほんとにどうにかしてください。放映権を持っていながら、国内サッカーを盛り上げようともせず、代表人気に乗っかるだけ。酷い。

山瀬見たかったけど、今日は出番がなく、残念でした。
緊急招集された徳島のドゥンビアが後半登場。
惜しいシュートも放って目立っていましたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で