いよいよはじまった、2014年のブラジルワールドカップに向けたアジア地区3次予選。本田を怪我で欠くザックジャパンは、柏木をスタメンに起用。チョン・テセやリャン・ヨンギ、アン・ヨンハッなどJリーグに縁のある選手も多い北朝鮮とブラジルワールドカップへ向けたアジア3次予選の初戦を戦いました。


台風12号が接近していることもあって、豪雨に見舞われる時間帯もありながらとなったこの試合、日本は終始北朝鮮に対して格の違いをみせ、試合を支配。あとは最後のところ、ゴールだけが遠かった。

北朝鮮のカウンターの起点を、今ちゃんがボランチばりの高い位置取りでケア。その他怖いのはカード覚悟の激しいチャージくらいなもの。まあでも北朝鮮はその国のイメージに反してなかなかいいサッカーをするんですよね。カウンターだけじゃなくショートパスを繋いでサイドに振ってワイドに展開してみたり・・・まあでもそれも最初のうちだけで、今の日本代表にとってはそう怖い相手ではありませんでした。

しかしゴールが決まらない。チャンスでも枠へ飛ばない。北朝鮮のキーパー、そして守備陣の頑張り。そこにザック監督は清武、マイクを投入して攻めろ、取ってこいの指示。キャプテン長谷部の攻め上がりによるチェンジオブペースなどで一気にギアを高め、後半ロスタイムにまややが決勝ゴール!得点時間こそギリギリでしたが、まあ順当勝ちでした。吉田はまた美味しいところをもっていったなー。FIFA公式サイトでは安田と名前間違われてましたけど。

柏木は自分の持ち味を出そうとして、他の選手のコースを消してしまっていた感じ。シュートも悪かった。でもポジションには入れていたわけで、代表選手の特徴を把握して、慣れてくればもっと良くなりそうではありました。呼ばれ続けるかはわかりませんが、今のうちに自分の特徴をアピールしてチームに貢献できるようになるといいね。

マイクは初陣ながら惜しいチャンスがいくつか。次は決めてほしい。清武は素晴らしいですね。ガチャピン遠藤も他の選手とは異なる時間軸で動いてそうな感じがあるけども、清武も他とは違う眼でピッチを見通せているというか。若い力がフィットしてくると代表がもっと面白くなりそう。

日本代表 1 – 0 朝鮮民主主義人民共和国
得点者:94’吉田麻也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で