元札幌で現鹿島の西大伍が選出された今回のサッカー日本代表、ザックジャパン。日本代表にサポクラブ縁の選手が初選出されたときの喜びってこんなだったなーと、久しぶりに思い出しましたね。で、その日本代表ですが、今回はキリンカップでペルー代表、チェコ代表と対戦。第1戦はペルー代表と対戦です。


大伍の初キャップいつかなーなんて思っていたら、初戦からまさかのスタメン!やはり持ってる男。大伍は昨年新潟に所属していたので、ザックがその辺り考慮してくれたのかもしれませんが。

ブラジルワールドカップ予選に向けてあまり時間もなく、この2試合も大事な強化の場。ザックさん今回は新布陣3-4-3をテストしてきました。さらにザックジャパン慣れしていない新しい選手も起用し、二兎追いに出ましたが、これが裏目に。特に大伍と関口の右サイドが機能せず。

気の利く岡崎が右サイドに回ってからは、スペースを作ってくれるので前へ出られるようになりましたが、前半終了時に本田と交代。大伍にとっては悔しいデビュー戦となってしまいました。

この2人に限らず、3-4-3はまだ戦術理解が進んでいないせいか全体的にいまいちでしたが、残念ながら2人は個人レベルでもまだまだでしたね。次のチャンスで挽回してもらいたいところです。

後半は本田が入っていつもの形に戻りましたが、日本代表は決定打を打てず、無得点。途中、怪我人が出て交代カードを切らざるを得ないアクシデントなどもあって、かなりプランが狂ってしまったように見えました。主力で3-4-3を試せず。こんなに空回りしたザックジャパンも珍しいですね。

印象的だったのは、最も厳しいシーズンを送っただろう長友。画面外からものすごい速度で現れるスプリント能力は圧倒的でした。どんだけ走れるんだろうこの人は。そして、試合終盤のミドルシュートラッシュを見事に防ぎきった、SDGK(スーパーどや顔ゴールキーパー)川島。川島さんは綺麗に飛びますね。

そんなこんなでザックジャパンはペルー代表に対してスコアレスドロー。代表のパフォーマンスは低調でしたが、テレビで見ている分にはなかなか楽しめたのでした。主力と差のつきつつある控えの底上げと、新布陣のテストは中途半端で課題だらけに終わってしまいましたけど、7日のチェコ戦ではどこまで改善されてくるでしょうかね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で