いやっほぅー!日本代表が2大会ぶり4度目のアジアカップチャンピオン!

フィジカル差を利用してシンプルにボールを2トップへ蹴り込んでくるオーストラリアの攻撃に苦しめられながらも、耐えて、耐えて、耐えた。2試合連続で延長までもつれて、そして最後に交代で入ってきた李のあの一撃。いやー、素晴らしいシュートだったなあ。


日本は韓国戦でも放り込みに苦労していたけど、オーストラリアはさらにそれを徹底してきていて、苦しめられた。選手たちはかなり疲労していて動きも良くなかったし、向こうに転がってもおかしくない試合だった。前田や本田も体格差に苦労して、なかなかボールを収められなかった。ようやくチームに合ってきた香川もいない。それでも一戦ごとにたくましさを増してきた日本代表は彼らに負けなかった。

この日右サイドに入っていた藤本はゲームに入ろうと懸命に走るものの、Jで見せているような積極性を見せることができず。まあ周りもあれだけ苦しんでいれば個だけで打開するのは厳しかっただろうけど。そして後半に岩政と交代。長友が中盤の左へ上がり、岡崎は右へ。そして今ちゃんが左SBにスライド。この采配はしびれたなあ。高さばかりのオーストラリアを岩政と吉田で封じ、この大会で日本が幾度もチャンスを作ってきた長友と岡崎の形を作った。一本惜しい形もありました。前に出た長友は後ろが今ちゃんということもあって、より攻撃的にいけていたね。

李の決勝ゴールもそうだけど、吉田にしても伊野波にしても岩政にしても、使われた試合であまりいい結果を残せずにいても、ガンっと使うザックさんの選手への信頼と策士ぶり。まあ控えが手薄だった事があるにしてもね。チームとして戦えていたから不利な状況になっても耐えて覆してこられたんだろう。

今大会に限らないけれど、アジアカップは環境や日程的な過酷さもあって選手と監督、スタッフの信頼が厚くなっていくのを見られるいい大会だなあなんて思ったりしたのでした。全ての試合で決勝戦の主審くらいのジャッジを見られれば、もっといいんだけど。

日本代表 1 – 0 オーストラリア代表
得点: 李

FLAGS TOWN 日本代表 11 タオルマフラー
価格: 1,890円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で