前半ロスタイムに先制され、後半ロスタイムになんとか追いつくという、アジアカップ2011の初戦。引いた相手に苦戦するのはどこのチームでもそうなんだろうけど、この日の日本代表はそれ以前に全体的にスピードが無く、組織的に動く事もできておらず、まだチームになっていないような印象でした。それでも個人個人の能力は図抜けているわけで、押し込んでチャンスを作ったりはしていたんだけど、展開も単調だったし、時折カメラに抜かれるザックの表情はどんどん苛立ちを感じさせるものに。


しかし負け試合を力業で同点に追いついて、逆転するチャンスも幾つかあった。岡崎投入時にトップ下を入れ替えた本田と香川のポジションが今後の鍵になってきそうな感じ。外にいた香川は怖さが無かったし。交代もあまり機能せず、手詰まりを感じさせる良くない内容だったけど、気迫を見せ勝ち点1をとれたのはよかった。

グループリーグは残り2試合。チームの状態を上げていくと共に、シリア戦、サウジ戦と連勝して突破を決めたいところです。コンディションのよくなさそうな選手もいたけど、ザックはどう動いてくるかな。

日本代表 1 -1 ヨルダン
得点: ハサン、吉田

FLAGS TOWN 日本代表 11 タオルマフラー
価格: 1,890円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で