あのメンバーのアルゼンチンをまさか0に抑えて勝利出来るとは!

ザックジャパン初戦の相手はアルゼンチン。W杯王者のスペイン相手に4-1勝利するなど強豪たるところを見せていたけども、そんなアルゼンチンを相手に献身的に走り続けた日本が前半の1点を守り切り、見事勝利。これまで6戦6敗だったアルゼンチンから、初勝利を勝ち取りました。


コンディションの件があったにせよ、これまでのアルゼンチンを見る限り、親善試合だからといって接待してくれることは一切無くて、むしろ日本と世界との差を教えてくれる厳しい相手。しかも今回はバチスタ監督代行が、監督に就けるかどうかもかかっていたとか。

それだけに内容も悪くなかったこの試合は、今後のザックジャパンに期待の持てる素晴らしい1勝になったと思います。まー、ハンドを見逃してもらったり、テレビ局の都合?で随分試合が中断していたのにロスタイムをほとんど取らなかったけども。

縦をコンパクトに保ち、全員が守備意識を高く、切り替えを速くし続けて、初戦にしては随分と浸透しているように見えた。守備的といってもどん引きだったわけじゃないし、今ちゃんと栗原のCBとなったDFラインもあの選手達を前に我慢して高く保たれていて。攻撃にしても選手間の距離が良かったのでパスも通るし人数も多い。

岡崎は攻守で目立っていたし、ドイツで自信を深める香川や、W杯では消えていたうっちーも良かった。そして、副音声を聞いていたんだけど、加藤&水沼父とゲストがレオナルドで、彼の通訳である鈴木さんがノリノリで楽しめた。レオナルドが喋ってないときもガンガン絡んで、どこまでがレオナルドの発言なのか分からなくなるくらい。

お互い怪我人が数名出てしまったこと以外は楽しい試合でした。軽傷だといいんだけど。

日本代表 1 – 0 アルゼンチン代表 [埼玉スタジアム2002 / 57,735人
日本/ 19’岡崎
アルゼンチン/
日本代表
GK川島、DF、内田、栗原、長友、MF今野、遠藤、長谷部、FW岡崎、本田、香川、森本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で