デンマーク 1 – 3 日本 [ロイヤル・バフォケン・スタジアム/27,967人
デンマーク/81’トマソン
日本/17’本田(FK)、30’遠藤(FK)、87’岡崎

3得点の快勝で02年大会以来の決勝トーナメント進出ッ!おめでとうございます!まずはグループリーグを突破して1つ歴史を作りましたね。負けない戦い方は出来ると思っていたけど、まさか3点目のような相手をいなして追加点を奪えるとは。素晴らしい。


日本は3戦連続同じ先発11人。オランダ戦も負けたとはいえ手応えを掴んだ試合だったので、疲労がちょっと気になるけれど纏まりを重視。

勝つしかないデンマークに押し込まれる展開で始まった試合だけど、なんとか耐えて反撃。どちらも決定的なチャンスを逃して迎えた前半19分、右サイドで得たFKを本田が直接決めて日本が先制!その後、大久保がしてやったりの被ファールで再び得たFKのチャンスを、今度は遠藤!1点目で本田を強く意識させて、空いていた右側に冷静にコントロールして決めました。

2人とも種類の違うシュートだったけど、素晴らしい集中力、技術、精度。今大会は予想に反してFKから直接ゴールは遠く、これまで2点しか生まれていませんでしたが、日本はこの試合前半だけで2得点。お見事過ぎる。ファールしたら危険だぞと印象付けることが出来たし、本田の1点で足を止め、遠藤の1点でダウンを奪ったような、そんな前半でした。

追いすがるデンマークですが、中澤の研ぎ澄まされた集中力がそれを許さず。川島が防いだPKのリバウンドがトマソンにこぼれてしまう不運もあったけど、前半の2点で勝負ありでしたね。2得点でも十分だったけど追加点を奪う攻めの姿勢を失わずに狙い続け、最後は崩しきって本田が岡崎へ優しいラストパス。

「圭佑が打つと思ったけど準備していた」となんだか4年前を思い起こさせるようなコメントを残した岡崎がしっかり3点目を決めて、終わってみれば3-1と完勝です。なんとも清々しい朝になりました。

デンマークも得点するチャンスはあったんだけど、勝たなくちゃならないプレッシャーが本田と遠藤の連続FKによって呼び覚まされたというか、しかも格下の日本相手に、それで徐々に落ち着きを欠いていきました。

それにしてもいつも思うんだけど、代表ユニの組み合わせは上下青が一番格好いい。個人的にはこの組み合わせを1stにしてもらいたいくらいだよ。

遅延で遠藤と長友がイエローカードを貰ってしまったのは勿体ないけど、決勝トーナメントではリセットされるし、次への反省点としてしっかり修正してもらえれば。3試合でまともにもらったイエローカードは阿部ちゃんの1枚だけ。異議も少なく非常にクリーンな日本代表です。

決勝トーナメント初戦は29日、パラグアイと対戦。勿論強敵です。個人でもゴリゴリ突破しに来るので、そこをどう抑えていくか。嵌ってきた阿部ちゃんのアンカーに、大久保と松井の両サイドがノっているし、周りも見えてきている本田、積極的に攻撃参加し始めている遠藤と攻撃陣も楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で