日本 0 – 0 オーストラリア

■得点者:
日本/なし
オーストラリア/なし
■スターティングメンバー
GK:都築
DF:長友 闘莉王 中澤 内田
MF:遠藤 長谷部 松井 中村
FW:玉田 田中
■サブメンバー
GK:川島
DF:寺田
MF:今野 橋本
FW:岡崎 大久保 巻

最終予選では唯一同格、もしくは上の相手オーストラリアと遂に対戦です。監督は、コンサドーレ札幌の三浦前監督の師とも呼べるピム・ファーベーク。となると、予選ここまでのアウェーの戦いのように、リスクを負わない戦い方をしてくるのではと無難な読み。

日本は事前予想では、田中達也が腰痛の影響でサブにまわり、松井、大久保がスタメンでは?なんて話がありましたが、見たら普通に田中達也がスタメンでした。

そして、なんと中村憲剛がベンチ外。何があったんだ。W杯経験組の駒野と、わざわざ召集されて帰国した稲本もベンチ外。稲本は、所属クラブが頻繁な代表召集に不満を持っていると報道されていましたから、こういう使い方ならば敢えて呼ばなくても良いじゃないかと思ってしまいますが。どういう選手かは既に分かっているのだから。ともあれ、「こういう相手とやるために・・・」なんて最近言い続けてきた岡ちゃんはどういう采配を見せてくれるだろうか。

試合は、アウェーのオーストラリアが、意外とラインを高めにしていたこともあって、日本はフィンランド戦のような戦い方が出来ました。とはいっても、そこは個の能力が高いので、お得意の前線からのプレッシングにも落ち着いて対処されてしまいます。オーストラリアレベルで通用しないとなると結構厳しいのではないかなんて事を思いながらも、この試合の勢いは日本。前半から幾度となくゴール前まで、ゴール前まではボールを運びます。

攻めている割に決定的なチャンスらしいものは1〜2回だったような前半は、押し気味に進めながらも得点を奪うことが出来ずに終了。

後半に入ると、というか前半もそうだったんだろうけど、オーストラリアにある負けなければいいんだという気持ちが一層色濃く出始めます。こちらがミスしてチャンスと見るや人数をかけて攻めてくるものの、基本的にはそれほど圧力のない、まあ日本のCB二枚(中澤と闘莉王)が、1トップのケーヒルを封じ込めていたっていうのも大きいかと思いますが。なので、この試合に限っていうと殆ど失点する恐れは殆どありませんでした。だからこそ、日本はなんとしても得点を奪いたかったのですけれど、遠藤のエンジンがかかり始める頃には試合も終盤。松井は特に守備で貢献しましたが、攻撃時のトリッキーなアイデアはまわりと合わず、大久保と無念の交代。その大久保はそのまま左サイドに入ったので、怖さを発揮したとは言えません。交代も遅く、2枚目となった岡崎も残り時間が少ない中では他の選手の足も止まってしまい思ったように動けず、枠を1枚残して試合は終了してしまいました。

相手がボールを持っているときにはあんなに走り回るのに、自分たちがボールを持った時にはあまり連動性というか、動きが見られずに単発で終わってしまうのが今の日本の攻撃。サイド攻撃重視していながら中に人が居ないという。田中達也が外ばかりに流れるのも気になりましたが、あれも作戦だったんだろうか。ドリブルで中に切り込んできてこそ、彼の持ち味は生きてくると思うのだけれど。得点を奪える機会はあっただけに、負けなければいいオーストラリアにしてやられたような、岡ちゃんの采配も、何が何でも勝ちを手繰り寄せるんだという強い気持ちは見られず、悔しい試合となってしまいました。

こういう戦い方をするならば、1トップには視野が狭くなりがちな玉田よりも、確率の高いプレーを心がけ、周りとの連係も上手い柳沢だろうと痛感しますが、確執があるというし岡ちゃんは呼ばないんだろうなあ。

ともあれ、これで勝ち点+1で8の2位。下が潰し合っているので、また1つW杯へ近づきました。アジア枠4.5は緩い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で