今年で88回目を迎えるサッカー天皇杯の大会概要が、1日に発表されました。47都道府県代表を含む82チームが出揃い、元旦の国立競技場を目指して13日から1回戦がスタートします。

北海道代表は、知事杯決勝で東海大札幌に逆転勝ちした道都大学。コンサドーレはいつも練習試合でお世話になっています。共に勝ち抜いていけるよう頑張ろう。

記者会見では、サクラをデザインした今大会用の公式試合球も発表されました。ちょいと赤すぎるけど、ロゴもいつも赤いし、どうせならロゴに合わせたタイプにしたらどうなんだともおもいますが、これはこれでなかなかカッコいい。

コンサドーレ札幌は4回戦からの登場で、対戦相手は横浜F・マリノス。[11/2:ニッパツ

道都大学は尚美学園大学と9/13に札幌厚別で1回戦を戦います。大会進出を決めたピッチで戦えることで、一層気持ちも入りますね。

日程の問題で批判も多くなってきている天皇杯ですが、アマとプロが戦える機会ですし、いい形を模索しながら存続していって欲しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で