この時期、いつもならオールスターでしたが、今年はJOMOカップが復活(8/2:国立競技場)。Jリーグ選抜対Kリーグ選抜(なんで?)という誰のための試合なのか全く不可思議なマッチが実現!昨シーズン鹿島でリーグ優勝を成し遂げたオジーコとオズワルド・オリヴェイラ監督がどんな選手を選ぶのかという、岡ちゃんへの牽制??も注目されていましたが、そのJ選抜メンバーが発表になりました。J選抜なだけに、外国籍選手もありだったんですね。これは知らなかった。

代表の核メンバーである、楢崎、中澤、闘莉王や山瀬、憲剛、駒野、今ちゃん、阿部ちゃんは順当に。あれ、ここで憲剛が選ばれてるということは五輪は完全に無しですね。遠藤居ないしどうなるんだろう?

代表復帰を望まれる小笠原が居たり、大分の注目株である金崎くんが居たりと、代表とは少し毛色の違う顔ぶれも選ばれた形となりました。外国籍選手からはバレー、ヨンセン、チョン・テセ、キム・ナミルが選出。
FWが全員外国人という、今の日本サッカーの抱える弱点を象徴するかのような選出っぷりですが、そこは触れてはいけない部分だろうか。

初戦鹿島相手に4-0と惨敗した札幌からは勿論無し。ヴェルディのフッキ見たかったけど、あの問題児っぷりじゃあ韓国選手相手だと乱闘騒ぎになりかねないし、選ばれないか。

[追記:
選考はオリヴェイラ監督じゃなくてJの選考委員会なのですね。なのにFWに日本人0とは。ということはキム・ナミルは相手への配慮なのですね、わかります。

韓国側にはラドンチッチが。彼は昨シーズン甲府にいたラドンチッチかい。結果出せなかったけど向こうではどうなんだろう。

J選抜選手は以下の通り。

■監督:
オズワルド オリヴェイラ(鹿島)

■選手:
1 GK 楢崎 正剛(名古屋)CAP.
19 GK 都築 龍太(浦和)
2 DF 中澤 佑二(横浜FM)
3 DF 岩政 大樹(鹿島)
4 DF 田中 マルクス闘莉王(浦和)
7 DF 新井場 徹(鹿島)
15 DF 駒野 友一(磐田)
5 MF 今野 泰幸(F東京)
6 MF 金 南一(神戸)
8 MF 小笠原 満男(鹿島)
10 MF 山瀬 功治(横浜FM)
11 MF 二川 孝広(G大阪)
13 MF 阿部 勇樹(浦和)
14 MF 中村 憲剛(川崎F)
17 MF 金崎 夢生(大分)
9 FW ヨンセン(名古屋)
16 FW 鄭 大世(川崎F)
18 FW バレー(G大阪)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で