ガンバ大阪 4-2 コンサドーレ札幌

得点者:
大阪/バレー、バレー、ルーカス、山口
札幌/西嶋、柴田
スターティングメンバー
GK:高木
DF:坪内 箕輪 柴田 西嶋
MF:藤田 クライトン 芳賀 西
FW:ダヴィ アンデルソン
サブメンバー
GK:佐藤
DF:池内
MF:ヨンデ デビ純 西谷 砂川
FW:中山

攻撃力を取り戻し勢いに乗りたいガンバ大阪と、守備力を改善して残留争いに踏み止まりたいコンサドーレ札幌の一戦。いよいよ再開したリーグ戦、両者とも目標は違えど勝って弾みをつけたい試合です。

札幌スタメンには早速箕輪とアンデルソンが入りました。守備時の運動量を考慮して西谷を砂川を控えに回し、両サイドには藤田と西。他ベンチメンバーはいつも通りネガティブ。西谷と砂川を2人ともベンチということで、攻撃面でかなり不安が残りますが、果たしてどうなる!?

新戦力がそれほどフィット出来ていない状況では勝ち点を拾うのは厳しいだろうなと思っていましたが、開始早々にバレーに決められ、早速お通夜。ゾーンに固執するあまりカバーリングが疎かになる悪癖は治っていないようです。監督のいう守備の再構築とは何なんだろう。何の練習をしてきたんだろう。

2点は取ったものの、集中を切らして4失点目を献上してしまえばして勝てないのは当然の事。余計な失点で傷口を広げての終戦してしまう癖が治らないうちはどことやっても厳しい結果が待ち受けているでしょう。

ゾーンに拘りすぎるあまりにプレスがかからず、技術のあるJ1選手達には中盤で好き勝手やられてしまいます。あれ、2回書いてた。箕輪&アンデルソンはちょっぴり期待が出来そうなので急ピッチでフィットしてくれればまだ見られる展開がありそうです。ふう。

箕輪選手が出場1試合にして、弱点というか改善ポイントを端的に纏めてくれているので引用。

中盤の前に簡単にボールを入れられて後ろのDFたちが耐えても、耐えても、行って帰ってくるという感じだった。ボールを取ったあと、落ち着ける場所が作れるようにみんなで努力していければと思う。

クライトン1人じゃあさすがに各J1クラブそろそろ自由にさせてくれないですし、両サイドがもっと奮起しないと厳しいですね。運動量が売りなのに走り負ける&棒立ちいうのは監督の好みも起用に勿論影響するんでしょうが問題外ですよ。走れ!

にしても鹿島、浦和戦に続いて今期3度目の4失点は守備陣だけの責任とはもはや言えず。まあ個でも組織でも負けているので順当な結果なわけですが。ただここで下を向いていては目標の残留は見えてこないですし、負け試合を引き分けに、引き分け試合を勝ち試合にしていく粘りが必要になってきます。EUROのトルコのようにさ。チーム全体でどうやって改善していくのか、そもそも監督の引き出しはまだあるのか、技術で負けてるくせに走れない選手はより走れるようになるのか。問題は山積みですが、1勝1分1敗目標で早くも1敗喫してしまった札幌、次節以降の動向に注目です。

鹿島は名古屋に対して4得点と圧勝。小笠原とダニーロのミドルは凄いですね。ああいう選手がうちにも欲しい。と言っても無理な話。マルキーニョスの嗅覚も素晴らしいです。

自分の戦う場所はベンチじゃない。ピッチなんだと、迷言を残して大阪を去った水本は早速先発出場しました。正直、京都DF陣舐められてますよ?いいんですかそんなことで。

ベストメンバーが揃った浦和ですが、連係不足感が否めず、柏にゲームを支配され、そして三都主は再び怪我と良いところ無し。

旧磐田勢対決となった横浜vs磐田は磐田の勝利。4バックだった?マリノスですが、結果を残せず。この2チームは選手の割に戦術がどうにも?なのでサポはもどかしいだろうなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で