J1アルビレックス新潟とJ2湘南ベルマーレは4日、新潟に所属するMF藤田征也の湘南への期限付き移籍が決定したことを発表しました。移籍期間は2015年1月31日まで。


藤田はコンサドーレ札幌の生え抜き選手として札幌ユースを経て2006年から2010年トップチームに在籍。2011年からは新潟でプレーしていました。2012年には札幌時代から縁のある柳下監督が就任。しかしながら右サイドでブレイクしきれずに今回の期限付き移籍となりました。

湘南は古林が負傷し長期離脱。同じポジションをこなせ、かつ出場機会を求める藤田に白羽の矢を立てたといったところでしょうか。縦へのスピードと運動量がある走れる選手なので、チョウ監督のサッカーにはまると面白そうです。

新潟:藤田征也 選手コメント

急なことですが、このたび湘南に期限付き移籍することになりました。
こういう時期にチームを離れることに悩みましたが、自分にとってチャンスを与えてもらえたので、チャレンジすることを決めました。3年間、ビッグスワンでプレーできたことは自分にとって誇りです。今年はカテゴリーが違いますが、湘南を新潟と同じJ1の舞台に引き上げられるようがんばるので、これからも応援よろしくお願いします。

湘南:藤田征也 選手コメント

急な移籍となりましたが、少しでも早くチームに馴染んでJ1昇格に貢献できるようにプレーしていきたいと思います。サイドでのスピード、クロスの精度が特徴なので、そういったところを見てもらえたらと思います。一年間、応援よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で