2008 J League Division1 Match 9

浦和レッズ 4-2 コンサドーレ札幌

得点者:

浦和/阿部、闘莉王、エジミウソン×2
札幌/砂川、柴田
スタメン
GK:高木
DF:池内 柴田 吉弘 坪内
MF:砂川 デビ純 芳賀 西谷
FW:クライトン 西
サブメンバー
GK:佐藤
DF:平岡
MF:ヨンデ 上里 岡本
FW:宮澤 石井
交代
64分 西谷→岡本
81分 砂川→石井

前半6分砂川の見事なゴールで先制!これ、すごい綺麗な形だったなあ。中盤で芳賀→西→芳賀とダイレクトでパス交換して、さらにスペースへ右から走り込んだ砂川へ芳賀が浮きスルー。砂川が落ち着いて右足でゴール!今シーズン初のクライトンが絡まないゴールと言うことで、クライトン頼みになっていた攻撃陣には好材料でした。

前半24分にオーバーラップを仕掛けた阿部ちゃんのミドルからゴールを決められてしまいますが、ここで拙かったのは失点そのものよりも高木のファンブル。ここから高木はボロボロに崩れだしてしまいます。安定感が売りのはずの高木がなんてこった。頑張れぎーさん!

前半はその後、25分に柴田がクライトンのFKからヘッドを決め今期2点目。すぐさま闘莉王にこれまたヘッドで返されて同点。吉弘が付いていたんですけどねえ、フィジカルの差が出てしまいました。

前半は健闘したものの、後半は完全にレッズペースとなってしまいます。
完全に力負けといった感じ。これが個人能力の差ってやつか。
クライトンのPKが見逃されたりと、不運な面もありましたが、50分にエジミウソン、前掛かりになった86分に再びエジミウソンに決められ、完敗。

J2と違ってJ1は距離があってもバイタルが空いてたら枠内に打ってきますから、ここをもっとケアしていかねばなりません。攻撃に関しては西谷が戻ってきたので、西谷 クライトン 砂川 の3人がもっと絡むと相手を脅かせるかなといった感じ。西くんも急成長中ですし。

京都、東京V戦と続きますが、同じ昇格組として、残留目標を掲げるクラブとして絶対に負けられない。負けられない。2戦で勝ち点4以上は欲しい所です。

名古屋ちょっと息切れでしょうか、連敗です。運動量をより多く求められる中で連戦はきつそうですね。

清水、磐田、川崎が復調気配。FC東京と大宮が今年躍進してますね。おもしろいサッカーしてるもんなあ。

鹿島vs神戸は終盤もつれましたがドロー。鹿島もACLとの絡みで疲労が続いてそうですね。負けなかっただけまだ良しか。

ACL組のガンバは大宮に逆転負け。今年はピリっとしませんね。勝ちきれない試合が多い印象です。水本の不出来は誤算だろうなあ。

J1 第09節 試合結果
 柏  0-2 清 水
磐 田 2-0 京 都
新 潟 0-0 東 京V
浦 和 4-2 札 幌
FC東京 1-0 大 分
横浜FM 3-0 千 葉
名古屋 1-2 川 崎
鹿 島 2-2 神 戸
G大阪 2-3 大 宮

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で