北海道フットボールクラブ(HFC)の児玉芳明社長が6月にも辞任する意向だそうです。減資計画の経営責任を明確にするためということだそうですが、まだ任期中じゃないのかな、この時期でいいのかな。

読売は厳しい論調で、
ただ、経済界の一部からは、現社長の児玉氏も道新出身であることから「経営責任が問われたのに、2代続けて同じ会社出身者というのはいかがなものか」といった反発が出ている。また、道幹部からも後任社長の人選について、「減資の時だけ『お願いします』と頭を下げておいて、事前の相談が全くないのはどういうことか」と、いぶかる声が出ている。
と載せています。当然ですね。
財界は勿論、持株会(株主)に対しても、お金集めるだけ集めて何の連絡もないというのは経営者としてどうなんだろう。

次の社長も道新出身と言うことで、単なる天下りじゃないのかという心配もありますが、決まってしまったのなら頑張ってもらうしかない。他の人選があるのなら、外から広く募るのもいいんじゃないのかな。

なにはともあれ、今までお疲れ様でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で