ジェフユナイテッド千葉 0 – 0 コンサドーレ札幌

得点者:
千葉/いませんでした
札幌/いませんでした
先発
GK:優也
DF:池内 ソダン 吉弘 坪内
MF:岡本 ヨンデ デビ純 西谷
FW:クライトン ダヴィ
SUB
GK:高木
DF:平岡 柴田
MF:砂川 芳賀 西
FW:石井
交代
58分 岡本→砂川
83分 西谷→西
89分 ダヴィ→石井

元気がこの間の磐田戦で負った怪我により全治1ヶ月、ノナトのメタボが深刻だという事でFWの人材が不足しているコンサドーレですが、他のメンバーも怪我を多く抱えている上、過密日程も重なって今日はメンバーを大きく入れ替えて臨む試合となりました。

ボランチにヨンデとデビ純という、起点となるには全く期待の出来ない二人という事で、今日もクライトンに負担がかかりそうですが、果たして。

この試合でも智樹と上里はベンチ入りすらさせてもらえず、んー。完全に構想外ということなのでしょうか。厳しいですね。前監督から戦術が変わったとはいえ、レギュラー格だった選手がここまで外れてしまうというのは寂しくもあり。まあ適応力を問われるというのもプロの厳しさという事なんでしょうが。守備に重きを置きまくる三浦戦術には合わないということなんでしょうかね。

さて、試合です。

映像がまだなので中身はなんともいえませんが、結果だけ見るとスコアレスドローで勝ち点を1プラスしました。順位は変わらずの2位ですが、今季初の無失点試合ということで、相手が不振の千葉とはいえ守備に関してはようやく一息つけたかなという印象ですね。ソダンの自信回復に繋がったかな?

すぐに神戸戦が待っています。あちら側も今年は怪我人が多いみたいですが、うちも怪我人の多さでは負けてはいませんよ。カウンターのチームなので、川崎戦のように1本のパスでやられないように気を引き締めていきましょう。

清水、ジュニーニョ、ロニーは前節からですが、ついに目覚めてしまった感じですねえ。もう少しグダグダのままでいて欲しかったところですが。

まだ折り返しですが、浦和は突破が少々厳しくなってきました。高原は依然として目覚めず。良くはなってきているんでしょうが・・・実況・解説もフォローに困っている感じでした。こんなもんじゃないだろう!?

テレたまを見た感じ、浦和3番細貝のラフさに閉口。何度も躊躇無く足裏見せてレイトタックル仕掛けてくるって、あんなキャラだったっけ?あれだけやってもイエロー1枚だけだもんなあ。そりゃあどんどん削ってくるだろうけど・・・やられた増嶋は災難でしたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で