サッカー天皇杯ロゴ今年で89回目の開催を迎えるサッカー天皇杯が19日に開幕し、19、20日に渡って1回戦が行われました。

今大会は前回から6チーム増えて88チームの参加となり、加えて大会の活性化を図るためという名目で、Jクラブは2回戦からの出場となっています。打倒Jを目指すチームに取っては、これまでと違いここを突破すればJクラブと戦えるという事で、アマチュアチーム側はこれまでよりもモチベーションが高いんじゃないかと思いますね。

その1回戦。現在北海道社会人リーグに所属しており、3年ぶりの本大会出場となった北海道代表のノルブリッツ北海道は、今年の総理大臣杯を制した福岡大学と厚別競技場で対戦。しかし残念ながら0-4で敗戦。2回戦へ進むことが出来ずに初戦で姿を消しました。札幌市のベッドタウンである江別市をホームタウンとするノルブリッツは、比較的近い競技場での開催という地の利を活かすことが出来ず。残念。

まだまだ道内サッカーと他の地域とのレベル差を感じます。悔しいなあ。
アマチュアチームとして道内サッカー界のレベルアップに寄与しよいうというノルブリッツ北海道。今年は残念な結果となっていまいましたが、また来年!知事杯を勝ち抜いてリベンジに期待しよう。

池内率いる札大と木島率いるノルブリッツという、コンサドーレ札幌に縁のある人物が道内サッカー界に広がっていくのも楽しみの1つですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で