2013年3月2・3日、今年もJリーグが開幕しました。J1の旅を終え、2年ぶりにJ2で戦うコンサドーレ札幌の初戦の相手は昇格候補の一角、ジェフ千葉。昨年はプレーオフへ進出し、今年は鈴木淳氏を監督に迎えてJ1復帰にメラメラと意欲を燃やしています。


財前札幌の初陣は、GK杉山、DFソンジン、櫛引、奈良、松本、MF河合、上里、古田、内村、神田、FWテレの11人。松本と神田、ルーキー2人がスタメンに抜擢されました。

キャンプ中は大量失点する練習試合もあったものの、徐々に手応えをつかんでいるような報道もあったように、試合では前後をコンパクトに保ち、プレスにも連動性を感じました。

監督が代わって新加入選手も多く、千葉に押される時間も長かった中で、集中を切らさずに目指す守備スタイルを貫いてしかも無失点で終えられたのは大きな成果でしたね。若いDFラインでしたが破綻無く落ち着いて守れました。ジャイールの個人技や独特のリズム感は手強かったですけれども。

攻撃陣は守備と比べるとまだ連携不足というか、お互いの個が悪い意味でぶつかりあっているような感じがして、逆に言うとこれからが楽しみだったりします。開幕戦だし俺が俺がとなってしまうのも仕方無いのかもしれませんが、特徴を活かしあえるようになると面白くなりそう。

上里がたくましくなって帰ってきた事と、テレが日本における自分の生き方を見つけたように見えたのは収穫でした。上里はほんとよく帰ってきてくれたよ。

2013J2台1節: ジェフユナイテッド千葉 0 – 1 コンサドーレ札幌 [フクアリ
得点者/ 90+1分 内村(札幌)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で