形は作れても得点出来ないジレンマからか、積極性が形を潜め始めたコンサドーレ札幌。前節は序盤のチャンスを逃すと、そこから徐々にシュート恐怖症に陥ってしまいました。

今節はホームへ戻り、厚別でファジアーノ岡山を迎え撃ちます。さすがに選手達も不甲斐ないと思ったのか、練習では積極的に仕掛ける姿勢をを取り戻していたようですが、それを試合で出せなければ意味がありません。1年以上勝ちの無い厚別での不名誉な記録を絶ちきり、勢いを取り戻したいところです。

2009J2 第30節

コンサドーレ札幌 4 – 2 ファジアーノ岡山

■得点者:
札幌/30′ キリノ 33′ 西 60′ 西 89′ 上原
岡山/53′ 西野 67′ 保坂
■スターティングメンバー:
GK:荒谷
DF:西嶋 趙 吉弘 石川
MF:藤田 宮澤 上里 砂川
FW:キリノ 西
■サブメンバー:
GK:高原
MF:芳賀 古田
FW:中山 上原
■交代選手:
69分:宮澤→芳賀
76分:キリノ→中山
83分:砂川→上原

スタメンは、前線は石井が累積警告で出場停止となったためにベテランのMF砂川が入りました。FWキリノとMF西の2トップは変わらず、ボランチにはMF上里。DFラインはソンファンが復帰したことで、前回CBを吉弘とこなしたDF石川が左SBへ。ソンファンは報道だとまだ本調子ではないようですが、戻ってきましたね。途中からという選手では無いだけに、使うなら頭からということだろうか。そしてベンチにはユース期待の星MF古川くんが入りました。

雨で滑りやすく、湿度も必然的に高いものとなってしまったこの日の厚別。試合前には新加入選手お披露目イベントがありましたが、石川はこの日のスタメンに名を連ねているため、MFハファエル1人となりました。ちょっと線は細く見えますが、まあ見てみないことにはわかりませんね。太すぎるとダメなのは一瞬で分かりますけれど。

試合は立ち上がりから(ミスも多分にありながら)札幌が試合を支配。富山戦の消極さを払拭すべく、アグレッシブに攻めていきます。練習時から積極性を見せていたという征也も、後ろ向きにならずに攻めの姿勢を持ち続けてくれています。良かった。

この日良かったのは、FWに入って3試合目の西でした。西も前節では打てばいいところをパスしてしまったりとげんなりするプレーを続けていましたので、期するところがあったのかもしれません。前半30分には DF西嶋からのロングボールを後ろのキリノへ上手く逸らし(狙っているようにもトラップが流れただけのようにも見えますが)、ボールがこぼれてくると迷い無く走り込んでいたキリノがボレーシュートを叩き込み札幌が先制。そのすぐ後の前半33分には、今度は西がDFを交わしながら左足で冷静にゴールへと流し込んで札幌が2点リード。守備に不安を抱えているので2点じゃ安心出来ないと、その後も札幌は攻勢に出るのですが、さすがに前半で3点は難しく、2-0で前半を終えます。

後半に入ると、やはり守備の不備から西野に1点返されてしまうのですが(人数は揃って居るんだけどなあ)、そこで下を向かずに攻め続ける札幌。後半15分、荒谷のキックからキリノと相手選手が競り合い、こぼれてきた所を、西が受けてすぐにシュートを選択。これが決まって札幌が3点目を上げ、再び2点差とします。

しかしこれで試合を終わらせられないのが今年の札幌。
人数が揃っているのにも拘わらず、再びゴール前で相手選手をフリーにさせてしまって、保坂に決められてしまいます。これは拙い。
それでも終了間際に投入された上原が、ラッキーな形ながら得点を上げ、4-2として何とか勝利を掴み取りました。3-2のままなら勝ってもストレスが溜まる試合でしたが、4点目が取れたことで、少し緩和されました。

上原も「控えで満足していた」として前節は外されて、試合を外から見たことで色々思うことはあったのかもしれませんね。身体能力は高いのにそれを活かせず、最近は何しに出てきたのか分からないような試合が続いていましたから。

試合内容としては、札幌が今季目指している形を出せず、あまり良いものではありませんでしたが、それでもトライし続けたことで、結果4得点という結果が付いてきました。キリノ、西のシュートが立て続けに決まった事で、90分気持ちを持続出来ました。

これで石崎監督はリーグ通算250勝目だそうです。おめでとうございます!厚別での勝利は2007年の10月13日以来、ホーム勝利は9試合ぶりとなりました。

ミスを怖がって萎縮してしまうのではなく、チャレンジしていく姿勢を次の試合でも見せて欲しいですね。1試合だけならたまたま調子が良かったということで終わってしまいますから。次節もアグレッシブな気持ちを持ち続けて戦って欲しいです。守備もそろそろテコ入れが必要なのではないかな。

ソンファンはやはりまだ本調子とは言えず、無理に使わなくても・・・・・・という印象を受けました。石川と吉弘のCBコンビで粘れたのだから、彼らで少し様子を見ても良いのではないかな。とはいえ次はリーグ屈指の攻撃力を誇るセレッソ大阪。ソンファンを欠くと厳しいか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で