2011J2第20節。3試合連続ドローを続けているコンサドーレ札幌は、開幕戦の借りを返すべく愛媛FCと対戦です。日程通りならもう折り返し。札幌ならまだ大丈夫だろうと14時からの開催となりましたが、関東甲信越地方では梅雨明け宣言がなされるなど、いよいよ夏がやってきました。厚別も例外ではなく、北海道としては暑い1日となりました。


札幌は前節からまたメンバーを少し変え、河合がボランチに、櫛引がCBに入りました。古田もスタメンに復帰。愛媛は赤井、謙伍、吉弘と札幌縁の選手がスタメンで出場しています。連戦で疲れも溜まっているだろうと思うのだけど、前節の高い攻撃意識で最後まで前へと攻めていけていたイメージをそのままこの試合でも見せてくれました。

いつもの恩返し弾の応酬

が、前がかりになったところを中盤のミスから奪われ、ボールホルダーにディフェンスの意識が向いたところで上がってきた謙伍に繋がれ、フリーで打たれて先制されてしまいました。ホスン手に当てるも外にはじきだせず、勿体ない失点。また石井ちゃんかっ!移籍して以降、毎試合のように得点されています。

しかし、下を向かずに右サイドを中心に攻め続ける札幌。32分にフリーキックのチャンス、砂川の早いリスタートに内村が素早く反応し、キーパーの股を抜いてゴール。同点。ここまで元愛媛、元札幌のFW同士の恩返し弾の応酬、仕様です。

前半を1対1で折り返し、後半に入ってそれぞれの交代で試合は再び動き出しました。愛媛はジョジマールを投入し彼を中心とした攻撃で札幌ゴールを脅かし(いつも怖い選手)、札幌は疲労か怪我の影響か動きの悪かった近藤に代えて岡本ヤス。ただヤスもなかなか試合に入れず、一進一退。

ジュンキ!ジュンキ!

そうして札幌は、たぶん怪我の影響があって、控えに回っていた宮澤を投入。流れを取り戻しはじめました。しかしもう一歩足りず、得点を奪えません。さらに残り10分というところで純貴が登場。宮澤と純貴の2トップ気味に。ヤスも得意とする左サイドに移って輝き出します。

82分、クリアボールを拾った河合が前の宮澤へと繋ぎ、宮澤は、彼が保持しようとした瞬間から動き出した純貴へ反転してスルーパス。これを純貴が左サイドから左足でゴールのニアをぶち抜いてゴール!いよいよストライカーぶりを発揮し始めました。さらに88分、左サイドから岡本、宮澤、岡本と繋いで中へクロス、それをまた宮澤がキーパーと競り、こぼれたところをまた純貴!リバウンドを倒れ込みながらボレーで合わせて札幌3点目。純貴は立て続けに2ゴール。スタメンを外された鬱憤を晴らします。宮澤も本調子じゃ無かっただろうに、ボランチ経験が生きたのか前でしっかり体を張ってキープしてくれてましたね。

さらにもう一点とばかりに宮澤から純貴へ、宮澤らしいループパスで繋ぎますが、これは得点ならず。久しぶりにハットトリックを見られるかなと思ったけど、愛媛もそこまではさせてくれませんでした。しかし最後まで集中して守りきり、今季初の逆転勝利!岡山も出場こそしませんでしたが、得点後の選手の元へ猛ダッシュで駆け寄ってくるなど存在感ばっちり。

この試合、本職のボランチに入った河合が言葉通り攻守にわたって舵取り役となってくれました。頼もしい。この試合だけじゃないけれど、彼のおかげで守備の破綻を防げているシーンも多くあり、今シーズン加入してくれて本当に良かった。

今年精細を欠いている古田が、結果を出しているわけでもないのにスタメン?と試合前は思ったものですが、復調の兆しを見せてくれました。古田さんさーせんっ。

ただ得点機があったのにも関わらず、シュートは相変わらずな感じだったので、その辺りは古田に限らず2列目の選手たちがもっと頑張ってくれないと得点力不足は解消されません。ヤスも今年はシュートが酷いもんだし、2列目で得点期待出来るのは今のところ近藤しかいないもんね。

観客数、5千人台・・・

厚別開幕戦に続いて、この日も観客数はさびしめ。せっかくいい試合を見せることができたのに、それをスタジアムで生で見られたのがこれだけというのは悲しいですね。とはいえ、観客減は自分たちで蒔いた種。こういう内容の試合を見せて(失点はいらないけど)、結果を出し続けて取り戻して行かなくては。

日時:2011年07月09日14:04キックオフ 会場: 札幌厚別公園競技場
入場者数: 5,350人 天候: 曇 27.1℃、63%
コンサドーレ札幌 3 – 1 愛媛FC
得点
9分 石井 謙伍
内村 圭宏 32分
横野 純貴 82分
横野 純貴 88分
スターティングメンバー
イ・ホスン 16 GK GK 1 川北 裕介
日高 拓磨 2 DF DF 13 関根 永悟
山下 達也 23 DF DF 2 吉弘 充志
櫛引 一紀 25 DF DF 28 高杉 亮太
岩沼 俊介 6 DF DF 7 前野 貴徳
古田 寛幸 15 MF MF 6 田森 大己
高木 純平 7 MF MF 11 石井 謙伍
河合 竜二 4 MF MF 17 大山 俊輔75′
69′砂川 誠 8 MF MF 10 杉浦 恭平85′
59′近藤 祐介 32 FW MF 27 齋藤 学
79′内村 圭宏 13 FW FW 23 小笠原 侑生49′
控え選手
高木 貴弘 1 GK GK 15 萩原 達郎
岡山 一成 34 DF DF 3 金守 智哉
69′宮澤 裕樹 10 DF DF 8 内田 健太
59′岡本 賢明 17 MF MF 16 赤井 秀一
三上 陽輔 22 FW FW 19 越智 亮介75′
86′79′横野 純貴 24 FW FW 9 ジョジマール49′
上原 慎也 26 FW FW 24 福田 健二85′
監督
石崎 信弘 バルバリッチ
主審
松村 和彦
副審
長谷 忠志/青山 健太

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で