年一度の室蘭開催で敗北を喫し、3連勝を逃したコンサドーレ札幌。試合内容も散々なものでした。今節はアウェーでFC岐阜と対戦です。札幌は今年も調子が上がらぬままなわけですが、岐阜も現在4連敗中で未だ1勝と目下J2最下位。どちらのチームも嫌な流れを断ち切りたい試合となりました。


前節は奇策に出た石崎監督ですが、今節はFWの純貴を1トップに、砂川をトップ下に起用。SBには復帰してきた日高が入りました。同じく内村もベンチ入りしています。チアゴ、ブルーノはベンチ外となり、控えにはドリブラーがずらり。

いきなり宮澤!

開始早々に、山下のロングボールをこの日は右サイドで起用された上原がドリブルで持ち込んで、オーバーラップしてきた日高にスイッチ。そこからのクロスを宮澤が競り、ポストの跳ね返りを宮澤が自ら押し込んで1分もしないうちに札幌が先制。山下のいいフィードから見事な展開。

その後は押し込むも追加点が奪えずにいましたが、宮澤の強めのボールをキーパーがバックパスと勘違いしたのか足で処理しようとしてオウンゴール。この2点目を自分たちの攻撃から取れたらなお良かったですけどね。まあ結果オーライ。2点とれたことで随分楽になれました。

純貴、ゴール!

ここまでは2得点が最高だった札幌ですが、この日はまだ終わらず。相手DFにプレッシャーをかけ続けていた純貴が、相手のパスをインターセプトし、そのまま落ち着いてゴール。プロ初得点と共に、試合をを決定づけました。その後も体を張り、走り続けてフル出場。初得点で少し楽になれたと思うし、今後のゴールラッシュに期待。

試合後インタビューは、純貴と宮澤の2ショット。同期の2人がこうして並ぶのをどれだけ待ったことか。ほんと、公式サイトでも「純貴、この時を待っていた!」なんて載っていますが、練習試合では無双し続けていた純貴がようやく見せた待望のゴールでした。純貴、おめ!

ピッチコンディションが悪かったこともあって、今季初の3得点でしたがゲーム内容はよくありません。特に守備では芳賀の不在が響き、芳賀がいても引き締まっているとは言えない守備がゆるゆるに。前への意識が強かったことや、ここまで後ろだけでもある程度守れていることが影響したんだろうけどDFへの負担がかなり大きい。3点差あるとはいえ後半はほぼ岐阜のターンだったし、もっと90分を通してゲームをコントロールしたいところです。

次節は純平が累積警告で不在なため、またやりくりに苦労することになりそうです。ボランチのしゅんぴーがSBに戻るだろうから、この試合の途中で櫛引を入れて河合のボランチを試せたのは良かったですね。くっしーはいきなりハンド判定を受けてPK献上してましたけども。ホスンがえらい形相になってました。

日時:2011年06月19日18:04キックオフ 会場: 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
入場者数: 3,945人 天候: 曇 23.4℃ 78%
FC岐阜 1 – 3 コンサドーレ札幌
得点
2分 宮澤 裕樹
34分 オウンゴール
39分 横野 純貴
染矢一樹 75分
スターティングメンバー
村尾 龍矢 21 GK GK 16 イ・ホスン
野田 明弘 2 DF DF 2 日高 拓磨
72′田中 秀人 4 DF DF 23 山下 達也
79′秋田 英義 6 DF DF 4 河合 竜二
46′野垣 内俊 17 DF DF 7 高木 純平26′73′
嶋田 正吾 14 MF MF 26 上原 慎也86′
新井 涼平 33 MF MF 10 宮澤 裕樹
68′三田 光 20 MF MF 6 岩沼 俊介
染矢 一樹 11 MF MF 8 砂川 誠
68′ブルーノ 34 FW MF 32 近藤 祐介79′
押谷 祐樹 27 FW FW 24 横野 純貴
控え選手
重成 俊弥 22 GK GK 1 高木貴弘
46′村上 一樹 24 DF DF 25 櫛引 一紀73′74′
川島 眞也 5 MF DF 15 古田寛幸86′
永芳 卓磨 15 MF MF 17 岡本 賢明79′
菅 和範 7 MF MF 11 アンドレジーニョ
68′橋本 卓 23 MF MF 13 内村 圭宏
68′佐藤 洸一 18 FW FW 22 三上 陽輔
監督
木村 孝洋 石崎 信弘
主審
早川 一行
副審
中込 均 / 佐藤 貴之

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で