絶妙なムラっ気ぶりを見せ、連勝どころか振り出しに戻ったかのようなリセットっぷりで、熊本での無得点記録を伸ばしてホームへ帰ってきたコンサドーレ札幌。やれやれ、相変わらずですよ。

仕切り直して迎える今節の相手は、今年J2に昇格してきたガイナーレ鳥取。既に札幌を越える2勝をあげており、5試合で勝ち点7の8位。1年目ながら、もはや格上。


札幌は5試合で得点がたった1な上に、シュート本数もリーグ最少と今季も得点力不足は深刻。連敗を避けるべくホームでなんとか堅守の鳥取ゴールをこじ開けたいところです。

スタメンはいつも通り

札幌はリーグ再開以降スタメンをほぼ固定しており、この日も変化はありません。サブに高木貴が復帰してきました。対する鳥取には日本代表としても活躍したベテランの服部や野人・岡野をはじめとしてJ1経験者が何人も在籍。そしてキーパーの井上は元札幌ですね。鳥取でプレーしていたんだ。

攻撃陣1試合シュート5本をノルマなんていう記事も出てしまうほど、ゴールへ向かう気持ちはあれど、最後に消極的な選択をしてしまう、あるいは打てるところまで繋がらない今の札幌。

この日もシュート本数は札幌の9本に対して鳥取は17本と倍近く打ち込まれました。しかし、得点は札幌が2、鳥取は0。言われた割に本数は伸びなかったけど、良いタイミング、展開でシュートを打てていて、決めるべき所でしっかりと決めた試合となりました。古田も砂川からのあれを決めてくれてたらなあ。

今季初!2得点

6分、鳥取ボールを中盤右でカットしたところからワンタッチで繋ぎ、古田が裏へ抜け出した三上へドンピシャのラストパス。ドリブルで持ち込んだ三上が飛び出しすぎてる鳥取GK井上を難なくかわして、無人のゴールへ流し込んで札幌先制。ユース出身コンビが、鳥取イレブンの前に意識が向いていた所を突いた。

2点目も、鳥栖のパスをインターセプトしてからいったん中央で溜めをつくり、オーバーラップしてきた右SBの日高へ繋ぎ、上がったクロスを再び三上が決めて2点目。この流れは素敵だった。今季初の複数得点。

いつもは札幌がやられてしまっている失点パターンでしたが、この日は逆に札幌が決めてやりました。こうした、ここぞという所で全員がゴールへ意識を向かわせる、スイッチを入れられると、効果的に攻められるよなあと感じたり。その上でもっとチャレンジする回数を増やしていってほしいなと。

鳥取はもう一歩踏み込んでこられると危険だなっていうところで、外から打ってくれる回数が多くて、被シュートは多かったけど確率の低い選択をしてくれて助かった。ロングボールは河合、山下が跳ね返す狙い通り。

とはいえマークがずれてどフリーにしてしまっている場面も少なくなく、今回はゼロに抑えたけど相変わらず綱渡りの守備が続いているのは気になります。右サイドの日高と古田のところでは数多く起点を作られて精度の高いボールを何度も入れられていたので、そこも改善していかなくては。

昨年以来の連勝を

今季初の2得点で、2勝目をあげた札幌。次節はアウェーでサガン鳥栖戦です。再び巡ってきた連勝のチャンスを逃さないよう、今度こそしっかりと戦いきって、そして昨年3月以来の連勝で札幌に戻ってきてもらいたいものです。

札幌ドームのワースト更新

せっかくいい流れからの得点も見せられた勝ち試合だったけど、観客数は昨年の36節徳島ヴォルティス戦以来再び1万人割れ。札幌ドームでの最少を更新してしまった。

日時:2011年05月15日14:04キックオフ 会場: 札幌ドーム
入場者数: 9,326人 天候: 19.8℃ 45%
コンサドーレ札幌 2 – 0 ガイナーレ鳥取
得点
三上陽輔 6分
三上陽輔 60分
スターティングメンバー
イ・ホスン 16 GK GK 1 井上 敦史
85′日高 拓磨 2 DF DF 27 ジョン・ドンホ
山下 達也 23 DF DF 32 喜多 靖
河合 竜二 4 DF DF 4 戸川 健太
岩沼 俊介 6 DF DF 25 奥山 泰裕81′
芳賀 博信 18 MF MF 10 実信 憲明
宮澤 裕樹 10 MF MF 6 服部 年宏
73′古田 寛幸 15 MF MF 7 小井手 翔太
高木 純平 7 MF MF 16 キム・ソンミン57′
62′近藤 祐介 32 MF FW 8 梅田 直哉
91′三上 陽輔 22 FW FW 13 美尾 敦
控え選手
高木 貴弘 1 GK GK 48 小針 清允
チアゴ 3 DF DF 2 尾崎 瑛一郎
櫛引 一紀 25 DF DF 23 水本 勝成
ブルーノ 5 MF MF 14 吉野 智行
62′砂川 誠 8 FW FW 17 鶴見 聡貴57′
85′岡本 賢明 17 FW FW 30 岡野 雅行81′
91′横野 純貴 24 FW FW 29 福井 理人
監督
石崎 信弘 松田 岳夫
主審
柏原 丈二
副審
西尾 英朗 / 大川 直也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で